2021年5月30日

根岸住宅の建物等解体撤去工事ようやく始まります!

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

米軍根岸住宅地区の返還については

2004年の日米合同委員会における返還の合意から

すでに17年。この間、

2018年の現状回復作業のための共同使用についての協議開始

2019年に現状回復のための共同使用の合意をへて

昨年2020年に基本的な調査を実施したところです。

このたび、ようやく住宅等の解体工事着手について

防衛省南関東防衛局から横浜市基地対策課に説明資料が送付されました。

工事期間はこの6月から来年12月まで予定

原則 月曜日から土曜日 朝8時から午後5時まで

対象は木造住宅約180棟、

住宅以外の建物(倉庫、学校等)約100棟

その他工作物

6月には現地事務所等(プレハブ)の設置工事で

7月から順次建物等の解体工事が始まります。

根岸住宅地区は非常に広いため、

今回、解体工事に着手するエリアは

南区側の第1工区と磯子区側の第2工区で

ちょうどまんなかの区域が後からになります。

稲荷坂をあがった、今もゲートがのこるところに

第1工区の工事車両等のゲートが設置されます。

工事車両の通行や、安全確保

工事による騒音や振動、粉じん対策、

昭和20年代に建築されているためアスベスト対策など

工事に伴って発生する問題については

騒音計や振動計の計測や散水など粉じん発生抑制、

アスベスト使用の確認のための調査・分析など行う予定とあります。

広大な敷地に点在する建物等の撤去の進捗については

今後も注視していきます。

長年の課題であった返還へ

原状回復への一歩が見えてきました。

今後、工事の進捗に伴う心配や課題などありましたら、

お聞かせください。

また、防衛相の資料についてはきしべ事務所にありますので

ご覧になりたい方はどうぞお知らせください。




 

コメントをどうぞ