2013年12月22日

いじめ防止基本方針へたくさんの意見を!

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
3連休の中日
橫浜は日射しの柔らかな日曜日です。
さて、国は9月28日に「いじめ防止対策推進法」を施行、
県や市町村は、地域の実情に応じた「地方いじめ防止基本方針」の策定に努めることが求められています。
神奈川県では、
県内の学校や市町村が、
「いじめ防止対策推進法」に基づく施策や措置などを円滑に推進していくことが出来るよう、
「神奈川県いじめ防止基本方針(仮称)」を策定することとし、
第3回定例会常任委員会でも報告されました。
この素案に対して
パブリックコメントを募集しています。
神奈川県いじめ防止基本方針(仮称)素案の概要は次のとおりです。
(1)基本的な考え方(いじめの定義 等)
(2)基本的施策・措置(県が実施する施策 等)
(3)重大事態への対応(学校設置者や学校による対処 等)
(4)いじめの防止等を推進する体制(学校におけるいじめ防止等のための組織 等)
そのなかでの重大事態への対処、防止棟の体制づくりとしての連絡協議会、調査会の設置など打ち出しています。
文教常任委員会でも述べましたが、
いじめは重大な人権侵害であり、
解決を図るための早急な対策が求められています。
きめ細かく実態を把握するためにも支援方法の検証や体制整備の充実が必要です。
県が設置する調査会や連絡協議会の
それぞれの権能、役割、責任など細部については今後の検討が必要と考えます。
いじめの根本的な原因や対策についての研究調査、
これまでの対応への検証などがどこでおこなわれるべきか。
今回示されたような部局横断的な検討で、
ネットいじめのように今までの学校の範疇をこえたいじめのひろがりへの対応など
幅広い対策のための組織作りなどの取りみも必要です。
被害児童生徒を救うこととあわせて
加害の側へのしっかりとした手立てがなければいじめ撲滅にはむすびつくません。
どの子にも起こりうることであることをふまえ、
見逃さないようにきめ細かく実態を把握するためにも
支援方法の検証や体制整備の充実が必要です、
今後、市町村や学校関係者への説明、意見聴取も予定されていますが、
県民のみなさんの幅広い声や地域、住民ニーズを聞き取り、
各地域、各学校の実情に配慮できる者にしていかなければと考えます。
期間は1ヶ月しかありません。
平成25年12月20日(金曜日)から
平成26年1月21日(火曜日)まで
年の瀬を挟み慌ただしい時ですが、
来し方行く末を思うときでもあります。
子どもたちにとって
よりよい学びの場づくりのためにも
いじめの防止、撲滅に多くのみなさんの意見をお寄せください。
神奈川県いじめ防止基本方針(仮称)素案は
県政情報センター、各地域県政情報コーナー、学校支援課で閲覧できますが、
県のホームページの方が速いかもしれません。
ホームページアドレスは、 http://www.pref.kanagawa.jp/pub/p729445.html
お問い合わせは神奈川県教育局支援部学校支援課まで  電話 045-210-8210

     




       

      コメント / トラックバック2件

      1. 戸山忠明 より:

        平成25年も後僅かとなってまいりました。
        慌ただしい毎日をお過ごしのことと存じますが一息入れて頂きたく
        ご報告いたします。(すでにご存じ!?かもです)
        「恋するフォーチュンクッキー神奈川県Ver.」は200万回以上のアクセスが
        ありますが今度、富山県VER.が新たに参入されてきました。
        映像を観てびっくり致しましたのは 黒岩神奈川県知事が参加されていたことです。
        聞けば京浜工業地帯の建設に尽力された浅野セメントの創業者が富山県出身とのこと。
        繋がりは有ったんですね。
        富山県知事もノリノリで落ちは神奈川県Ver.のパクリ!!
        エンドロールにSPECIAL THANKS 神奈川県と確り入ってます(笑)
        しかし此の企画の拡がりは凄いの一言です。

        今年は民主党にとりまして激動の一年だったと思います。
        来年もぶれない政策で邁進して下さい。
        本当に微力ではございますが応援させて頂きます。
        お疲れ様で御座いました。
        良い年をお迎え下さい。

        • きしべ都 より:

          戸山様
          2013年もあとわずかとなりました。
          今年も一年、あたたかなご支援いただきありがとうございました。
          政権がかわって、経済は上向いたものの
          人権・平和、福祉などが軽んじられています。
          私たちの生活や暮らしのためにあるのが政治のはずです。
          「人」よりまず「国」ありきの政治では
          安心して暮らしていけません。
          地域でしっかり、皆さんの声を聴きながら
          住民が主役の政治をめざして
          がんばっていきます。
          くる年もどうぞよろしく願いします。
          年末年始は寒波の影響で
          ずいぶん寒いようです。
          あたたかくしてお過ごしください。

          恋チュン富山バージョン見ました!!
          黒岩知事は富山でも小芝居!
          ミュージカル部の血が騒いだのでしょうか?
          それにしても
          恋チュンは曲も歌詞も
          そしてダンスも
          元気にしてくれます。
          なんと2日にはそごうで
          県職員のリードでみんなで踊ろうという企画まであるそうです。
          駅伝とダンスでお正月から元気になれそうです。

          どうぞよい年をお迎えください。 

      コメントをどうぞ