南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

2020年8月 のアーカイブ

2020年8月24日

自動運転バスとドローンの実証実験が始まります

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

県では「さがみロボット産業特区」の取組を中心に、

生活支援ロボットの実用化や普及・活用を推進しています。

平成30年度からは第2期計画をスタートし、

超高齢社会の到来による人手不足対策や自然災害への対応、

多くの人が集まる機会での安全の確保などに対応していくため、

ロボットの対象分野を広げるとともに、

県民のみなさんが身近な場所でロボットの活躍を実感できる機会や、

中小企業のみなさんがロボット関連産業にかかわる機会を提供するなど

「見える化」の取組を進めています。

今、コロナ禍の中、

新しい生活様式の実践が提唱されている中、

生活支援ロボットを活用することは、

人との接触を減らすことなどの面において、

新型コロナウィルス感染症の拡大防止にも有用な取組です。

「さがみロボット産業特区」の取組についての詳細は、下記の県ホームページをご覧ください。

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/sr4/cnt/f430080/index.html

http://sagamirobot.pref.kanagawa.jp/

今回の 県民生活の課題解決を目的とする

最先端なロボットプロジェクト(産業用ロボットを除く) には

4件の応募があり、そのなかで

自動運転技術を活用したプロジェクト

ドローンを活用したプロジェクト

二つの実証実験が始まります。

1. 低速自動走行バスによる無人移動サービス実用化に向けた自動走行実証

ハンドルがない自動運転バスで、

法的制限の少ない私有地として

さがみ湖リゾート プレジャーフォレストでの実証実験を通じ、

同地内で実用化するとともに、

県内公道での早期実用化を目指すものです。

2. 無人航空機を用いた河川維持管理ソリューション

災害時の流域残留者検知及び変状確認プロジェクト で

耐風・耐降雨性に優れた無人航空機(ドローン)と

空撮映像解析技術を活用し、

県管理河川での河道残留者の検知や

災害発生による

河道・河川管理施設の変状の自動解析が

可能となる河川維持監視ソリューションの実用化を目指ものです。


2020年8月22日

弘明寺と弘明寺商店街が県内初の消防相互応援協定

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

連日の猛暑です。

熱中症対策とコロナ対策と両方で

この夏は例年以上に大変な夏ですね。

さて、南区では新たな取り組みのニュースです。

おととい20日に弘明寺と弘明寺商店街が、

災害発生時の協力体制づくりを目的にした

消防相互応援協定を締結しました。

昨年、発生したノートルダム大聖堂火災や

首里城跡での火災を踏まえたもので

文化財の防火対策がもとめられるなか、

施設や地域における

災害発生時の消防応援協力体制づくりの一環です。


弘明寺にはご存じの観音様がいらっしゃいます。

木造十一面観音立像 は

国の重要文化財指定を受けています。

弘明寺や付近での火災に、

弘明寺商店街が消火活動に協力、

商店街が被害を受けた場合は、

弘明寺の駐車場や敷地の一部を避難場所として提供するというものです。

重要文化財がある施設と地域が協定を結ぶのは

県内で初とのことです。


2020年8月8日

テイクアウト支援にお~いお茶

皆さん、こんにちは。きしべ都です。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて、

テイクアウト(持ち帰り)に取り組む

飲食店が増えているなかで、

お得なサービスが昨日から始まりました。

横浜市と「地域活性化に関する包括連携協定」を締結している

伊藤園からテイクアウトを行う飲食店を

応援したいと提案をうけて

市内複数の商店会の飲食店で、

お食事系のテイクアウトに

「お~いお茶」が1本プレゼントされています。

南区では横浜橋商店街9店舗

弘明寺商店街16店舗が参加しています。

本数に限りがあるのでお早めにご利用ください。


 

神奈川県議会議員 きしべ都

アーカイブ
最近のコメント