南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

2013年12月 のアーカイブ

2013年12月20日

ただ今 調整中

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

17日に文教常任委員会2日目が開催。
磯子選出の茅野議員が
10月にきしべ都が行った
県立高校の模擬投票について
再度取り上げて質問しました。

この日は委員会採決のまえに、
会派を代表しての
意見発表を行いました。

常任委員会の審議を受けて
明日の本会議で
すべての議案、西岸意見書などが採決されます。

詳しい内容については採決後に報告させていただきます。


2013年12月12日

文教常任委員会

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

今日は文教常任委員会が開催。

当初補正予算1本でしたが、
条例改正も追加され、
午前中は議案説明や報告事項

午後からの審議となりました。

私も
短期臨時奨学金
いじめ防止基本方針
読書三次計画
高校の老朽化など質問しました。


2013年12月9日

一般質問

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

県議会は一般質問が始まり、
わが会派からは
鎌倉市選出の早稲田夕季議員
港北区選出の中谷一馬議員が登壇しました。

質問項目は以下の通りです。

早稲田夕季議員は分割質問で
1.いじめ防止基本方針について
2.子宮頸がんワクチンの副反応被害の対応について
3.海の家の健全化安心安全な海岸利用について
4.神奈川県立近代美術館について

いじめについては
教育長は重大ないじめ問題を調査するため、
来年4月に外部の有識者を加えた調査会を設置する方針を明らかにしました。
国が示した「いじめ防止基本方針」を受け、
調査会設置を盛り込んだ基本方針案を提案しています。
また、子宮頸がんについては
県は、今後、診療可能な医療機関をリストアップし、
慢性の痛みを伴う被害者が身近な場所で治療を受けられるようにする殿答弁を引き出しました。
厚生労働省は先に治療機関として指定病院を公表していましたが、
県内の病院はなく、遠方に通院するケースもある指摘をうけ
県は、日本ペインクリニック学会の専門医がいる4医科大学を含む
県内60医療機関に働きかけ
「診療可能な医療機関」として医療機関の同意が取れ次第、
県ホームページで公表していくことを明らかにしました。
また、有識者らでつくる県予防接種研究会で
副反応問題を議題にするほか、
看護師が相談に応じる「医療安全相談センター」でも対応することになりました。

そして、今日は一般質問最終日
中谷議員の質問は
1.ICTを活用した行政の推進について
2.成果指標を用いた行政事業システムsocial impact bondについて
3.ベンチャー企業の創業育成支援について
4.教育のICT化と国際社会に対応できる人材育成について
5.神奈川東部方面線について

 

 


 

神奈川県議会議員 きしべ都

アーカイブ
最近のコメント