南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

2021年5月18日

就職氷河期世代の就職・正社員化を県が支援 受講者募集中

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

今年1月~3月期のGDP国内生産は

年換算で5.1%のマイナスの速報が出ました。

2020年のGDPは4.6%のマイナスで戦後最悪の数字です。

新型コロナウイルス感染拡大による経済への影響が長引く中、

雇用情勢は厳しいものとなっています。

この間、本会議や所属する産業労働常任委員会で

雇用対策の強化を求めてきました。

地域でもご相談いただいた就職氷河期世代については、

不安定な就労や無職の状態にある就職氷河期世代の方は、

現在の生活が厳しいだけではなく、

老後の生活不安も懸念されるため、正規雇用など、

本人が希望する就労に向けた支援を求めてきました。

これまで、県では、

国、県、政令市、労働団体、経済団体等が一体となって

支援の取組を推進するため、

「かながわ就職氷河期世代活躍支援プラットフォーム」が設置され、

不安定就労の方などの正社員化の実現に向けた

合同就職面接会が実施されてきました。

今年度予算では、

氷河期世代に特化した「かながわジョブテラス」を創設、

正社員に求められるスキルや心構えを学ぶための

実習型プログラムの事業が7月から始まります。

6月18日締め切りで受講者の募集が始まっています。

正社員としての働き方を学びながら、

正社員に求められる基本的なスキルや心構え等を

身に付けるための40日間(2か月)の実習型プログラムです。

専任のキャリアカウンセラーの

一人一人に寄り添ったカウンセリングにより、

不安や悩みに寄り添いながら正社員就職をめざす

「伴走型支援」をおこなうとともに、

合同企業説明会等によるマッチング機会等の提供、

就職後の定着支援等実施予定です。

事前のプログラム説明会もありますので

詳細については県HP「かながわジョブテラス」をご参照ください。


2021年5月13日

コロナ対策 飲食店等への協力金第10弾 補正予算総額約558億円を可決

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

まん延防止等重点措置の延長と区域の拡大に対応する

補正予算案557億6342万円が神奈川県議会臨時会に提案され

が開催されました。

12日から31日まで措置期間は延長され、

新たに横須賀市・藤沢市・茅ヶ崎市・逗子市・三浦市・伊勢原市・

葉山町・寒川町が適用拡大となりました。

17市町の対象地域では、

飲食店等への20時までの時短営業に加え、

酒類の終日提供停止、

またこの10弾からカラオケ設備提供についても終日停止が要請されます。

また、10弾からは飲食店以外への支援として

県内3780か所の大規模商業施設と

その施設内の約14000か所のテナント・出店者に対して

時短営業への協力金が盛り込まれました。

細やかな支給対象や要件は今後詳細が発表されます。

補正予算の付託をうけて

所属する産業労働常任委員会が開催され、

協力金第10弾について、質問しました。

  • 酒類の提供の終日停止について

  9弾から始まったこの酒類の提供終日停止による県内経済へのダメ―ジは、

  これまでの時短営業による影響とは異なるレベルであるから

  飲食業者のみならず、県内経済への悪影響は大きく

  県として、協力金に加え、協力金第10弾を補完する

  さらなる支援や予算措置を求めていくべきであること

  • 迅速な支給体制について

  第9弾の申請が未だに始まらず、協力していただいた店舗への交付が

  いつになるか不明である。

  前回第9弾にあたって、制度の難解さ、受付業務の煩雑さ、

  という観点等から、

  これまで以上に交付までの時間を要するのではないかと、

  これまでの協力金の交付遅れを改めて反省し、早期支給に向け、

  申請者側に立った柔軟な運用、

  交付の停滞をさせない迅速な)な取組みを求める。

  制度は国のメニューであるが、執行体制は県であるなら、

  第10弾まで重ねてきた課題の解決を根本的に取り組むべきではないか、

  • 支給体制の確立について

  これから先、協力金続かないとは限らない中で、

  申請から交付までの流れを大枠でつくらなかったことが

  そもそもの問題である。

   これまで各弾ごとに別々の「WEB申請様式」を

  その都度に使用してきたが、

  今回の第10弾や前回の第9弾にいたり、

  要件の追加、期間、地域の拡大などWEB申請の様式が一層複雑になった。

  • 委託先の選定に時間がかかる状況から

  「WEB申請」の様式を県が買い取って、今後の運用に備えるべきではないか  
  「WEB申請」の様式の開発とそれを利用した運用と別に発注するなど工夫できないか

 申請の受付、審査にかかわる支給体制の構築を全庁的に柔軟に取り組むべき

 緊急事態発出から1年以上時短や自粛、さまざまな規制を

 県民、事業者にお願いとして要請してきた。

 お願いであるから補償でなく、お礼という形で対応してきた。

 破格の負担をかけてきたことに対応するための体制を

 従前の執行ルールに縛られていては対応できない。

 柔軟な発想で全庁的に対応を考えることを求めました。


2021年5月9日

まん延防止等重点措置の延長と地域拡大

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

7日。8日と二日連続して県の新型コロナの対策本部が開かれ、

まん延防止等重点措置 の延長と地域の拡大、

事業者への新たな要請と支援の方向が示されました。

以下、知事メッセージを添付します。

知事メッセージ

本県に、まん延防止等重点措置が適用されて、

2週間あまりが経過し ました。

この間の GW 期間中、多くの県民や事業者の皆さんに、

外出自 粛や営業時間の短縮など、

県からの要請に応えていただいたことに、

深 く感謝します。

GW 中の人出は、感染拡大前と比べると減少したものの、

昨年の同時 期と比べると大幅に増加しました。

新規感染者の急拡大は抑えられてい ますが、

連日、200 人を超える日が続いており、

感染状況を測る各指標 も、

ステージⅢの基準を超えています。

感染力が強い変異株も広がりを みせており、

現時点で対策を緩められる状況にはありません。

こうした中、昨日、国は、

本県を対象とした、まん延防止等重点措置 の期間を、

5 月 31 日まで延長することを決定しました。

県民や事業者の皆さんには、

引き続き、ご負担をおかけすることとな り大変心苦しいですが、

感染爆発による緊急事態宣言といった事態に陥 らないためにも、

改めて、次の事項を要請します。

(事業者の皆さんへ)

〇 これまで、9 市を対象としていた、

まん延防止等重点措置を行う区 域(措置区域)に、

5 月 12 日から、

横須賀市、藤沢市、茅ヶ崎市、逗 子市、三浦市、伊勢原市、葉山町、寒川町の

6 市 2 町を新たに加えま す。

〇 これら措置区域内の飲食店には、

重点措置期間中、20 時までの時短 営業と、

酒類・カラオケ設備の提供の終日停止を要請します。

また、 客による酒類の持ち込みは禁止します。

その他区域の飲食店には、21 時までの時短営業と、

カラオケ設備の 提供の終日停止を要請します。

酒類の提供については、

本数の制限や、 時間制など、店舗の実情にあった対応をお願いします。

〇 時短要請に応じていただいた飲食店には、

協力金を支給します。

そ の際、措置区域においては、酒類の提供停止、

その他区域においては、

酒類の提供を 20 時までとしていただく必要があり、

また、措置区域 内外を問わず、

カラオケ設備の提供停止、感染防止対策取組書の掲示、

マスク飲食の推奨を支給要件とします。

〇 県はマスク飲食実施店認証制度を立ち上げ、

飲食店の感染防止対策 を支援しています。

マスク飲食をはじめ、アクリル板の設置などの

感 染防止対策の徹底をお願いします。

〇 措置区域内における 1,000 平米を超える大規模な集客施設において は、

20 時までの営業時間の短縮を要請します。

要請に応じていただいた施設には、協力金を支給します。

○ また、県内全ての集客施設においては、

施設内外で混雑が生じない よう、入場制限など、

入場整理の徹底をお願いします。

〇 引き続き、在宅勤務の徹底を図るとともに、

従業員に対する会食の 自粛や不要不急の外出自粛等の周知をお願いします。

(県民の皆さんへ)

〇 生活に必要な場合を除いて、

外出や県境を跨ぐ移動は、引き続き自 粛をお願いします。

〇 感染防止対策取組書の掲示がない店の利用や、

時短要請をしている 時間以降に、飲食店を利用することは避けてください。

外食する際は、 昼夜を問わず、マスク飲食の徹底をお願いします。

〇 路上などでの飲酒、いわゆる路上飲みや、

家族以外の方とのホーム パーティーなどは、絶対にやめてください。

〇 発熱等の症状が見られる場合には、

職場への出勤、学校への登校や クラブ活動等の参加は、やめてください。

〇 現在、県内でも変異株による感染者が増加しています。

変異株は感 染力が非常に強く、

若年層でも重症化リスクが高い可能性が指摘され ていますので、

少人数だから、屋外だから、若いから大丈夫という考 えは厳禁です。

皆さん一人ひとりの感染防止対策の徹底が、

ご自身の、さらには、大 切なご家族や仲間のいのちを守る鍵となります。

改めて、新型コロナウイルスはどこにでもいるという意識を、

今一度、 強くもっていただき、

日常のあらゆる場面で、

M(適切なマスク着用)・ A(アルコール消毒)

・S(アクリル板等で遮蔽)・K(距離と換気)の

基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。

県は、医療機関に対して、

患者を直ちに受け入れられる病床数の拡大 を要請するなど、

医療提供体制の確保に全力で取り組んでいます。

県民総ぐるみで、この難局を乗り切れるよう、

引き続きご協力をお願 いします。

令和3年 5 月8日 神奈川県知事 黒岩 祐 治


 

神奈川県議会議員 きしべ都

アーカイブ
最近のコメント