南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

2021年4月6日

オンラインでの対面朗読サービスが始まってます。

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

行政のサービスのユニバーサル化が求められています。

今年100周年を迎える横浜の図書館は

これまで行われてきた視覚障碍者の方への対面朗読のサービスを

オンラインでつなげることで

これまでのように図書館に足を運ばなくても自宅で

希望の図書を朗読してくれるようになりました。

これまでの対面朗読

図書館で、音訳者がご希望の資料を読み上げます。

利用には事前予約が必要です。

対面朗読を利用したい図書館へ直接連絡します。

新 オンラインでつなぐ視覚障害者向け対面朗読サービス

中央図書館で、来館型の対面朗読に加え、

新たに遠隔コミュニケーションアプリを使用した

オンラインによる対面朗読サービスを3月24日から行っています。

以下、市のHPを転載します。


1  対象
 次の全てに該当する方が対象です。
  ・横浜市内に在住、在勤又は在学の方
  ・視覚障害により身体障害者手帳の交付を受けている方
  ・遠隔コミュニケーションアプリが使用できる端末(スマートフォン、パソコン等)を所有する方


2  実施方法
  ・中央図書館で音訳者が、遠隔コミュニケーションアプリのZoom等を使用し、希望の図書資料 (私信は除く)を朗読します。
  ・利用者は、自宅で朗読を聞くことができるため、来館する必要はありません。
  ・1回3時間までの利用ができます(開館時間内)。
  ・遠隔コミュニケーションアプリの利用に不安がある利用者への相談にも対応します。
  ・ご利用時にかかる通信料は利用者の方のご負担となります。

3  申込方法
  ・事前に申込みが必要です。
  ・申込みの際には、「オンライン対面朗読希望」である旨を担当にお伝えください。

    中央図書館障害者支援事業担当への電話(電話番号:045-250-1619)、電子メール(メールアドレス :
    ky-libsyo@city.yokohama.jp)、または電子申請のページ(外部サイト)から対面朗読の申込をすることができます。

録音資料・点字資料の貸出

録音資料・点字資料を貸出します。中央図書館から、ご自宅へ配送します。

  • 対面朗読及び録音資料・点字資料の貸出には事前の利用登録が必要です。登録は各図書館で受け付けています。
  • ご登録いただけるのは、横浜市内に在住もしくは在学、在勤で、視覚障害により身体障害者手帳の交付を受けている方です。
  • 登録の際は、お名前・ご住所などのほか、身体障害者手帳の区分・等級を確認させていただきます
  • 利用登録、資料の貸出申込はEメールでも承ります。

中央図書館の視覚障害者サービス機器

中央図書館では拡大読書器、DAISY(デイジー)再生録音機が利用できます。

筆談が必要な方へ

筆談用ボードを各図書館のカウンターにご用意しています。お気軽に筆談をお申し出ください。

各図書館でのサービス

小さな字が読みづらい方のために、各図書館に大活字本や拡大読書器を備えています。

心身に障害のある方へのサービス

図書・雑誌の配送貸出

心身に障害があり図書館への来館が困難な方に、図書や雑誌の配送貸出を行います。

  • 配送貸出のご利用には事前の利用登録が必要です。中央図書館で受け付けています。
  • ご登録いただけるのは、横浜市内に在住もしくは在学、在勤で、身体障害者手帳・療育手帳(愛の手帳)・精神障害者保健福祉手帳のいずれかの交付を受けている方です。
  • 登録の際は、お名前やご住所などのほか、障害者手帳の区分・等級等を確認させていただきます。
  • 各図書館窓口での貸出と併用することはできません(すでに図書館カードをお持ちの方も、窓口で本を借りることはできなくなります)。
  • ご登録がお済みの方は、中央図書館障害者支援事業担当への電話(電話番号:045-250-1619)、電子メール(メールアドレス:ky-libsyo@city.yokohama.jp)、または電子申請のページ(外部サイト)から配送貸出希望資料の申込をすることができます。

電子申請・届出サービスご利用の際の注意点

電子申請・届出サービスは、第2及び最終水曜日の午後8時から翌朝8時までの間、システムメンテナンスのためサービスを停止します。
この期間の配送貸出希望資料のお申込みは、電話または電子メールをご利用ください。
また、2018年3月29日(木曜日)から電子申請・届出システムのセキュリティ強化のため、携帯電話(フィーチャーフォン)と一部のスマートフォン(Android OS4.4およびiOS4以前のもの)からのご利用ができなくなっています。


2021年4月4日

南消防団に「外国人防災指導チーム」

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

昨年春にご紹介した消防団への

外国籍の方の入団の続報です。

6月には横浜橋の商店街の

熱中症予防アナウンスも担当するなど

訓練以外でも活躍されています。

今年度は

外国人に対する防災指導や

災害時における避難誘導などを目的に

外国人消防団員の方 4名(中国籍 韓国籍)

外国語の会話ができる日本人消防団員の方 6名(英語 中国語)で

「外国人防災指導チーム」が結成され ます。

来週6日に発足式と研修会が行われます。

外国人居住者の多い南区では

ニーズも多く、活躍が期待されます。


2021年4月3日

県内事業所における男女共同参画の推進状況

かながわsdgs未来都市

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

神奈川県では、

事業所における男女共同参画がより一層推進されるよう、

男女共同参画推進条例により、

常時使用する従業員数300人以上の事業所に、

男女共同参画の推進状況を毎年届け出ていただいています。

3月末に2020年度の届出結果が公表されました。

届出事業所数 634事業所

届出結果のおもなもの

項目令和2年度令和元年度前年度との比較
育児休業の利用者に占める男性の割合16.6%11.2% 5.4ポイント増加
項目令和2年度令和元年度前年度との比較
女性管理職(部長相当職+課長相当職)の割合8.2%8.1%0.1ポイント増加
部長相当職の女性の割合5.5%5.4%0.1ポイント増加
課長相当職の女性の割合9.3%9.3%変化なし
(参考)係長相当職の女性の割合16.1%14.9%1.2ポイント増加

事業所における女性管理職の有無の状況

項目令和2年度令和元年度前年度との比較
女性管理職(部長相当職+課長相当職)を有する事業所の割合74.0%72.5%1.5ポイント増加

常時使用する女性従業員の状況

項目令和2年度令和元年度前年度との比較
常時使用する女性従業員に占める非正社員の割合44.4%52.2%7.8ポイント減少

正社員の採用の状況

項目令和2年度令和元年度前年度との比較
正社員の採用に占める女性の割合41.8%39.7%2.1ポイント増加

その他詳細については、ホームページをご覧ください。

URL https://www.pref.kanagawa.jp/docs/x2t/p2564.html

毎年、調査することで微増ではありますが、女性登用など進捗があります。

気になるのが、

「常時使用する女性従業員に占める非正社員の割合が44.4%となり、

前年度(52.2%)から7.8ポイント減少」していることです。

正社員の採用に占める女性の割合 は前年度比」2.1ポイントの増加ですので

非正規の方が正社員に移行したとは思いにくい数値です。

コロナ禍で非正規の方が職を失い、

結果としてポイントが下がったのではないかと心配されます。

今年度、雇用対策としては

「感染症対策就業支援」として

コロナ対策の臨時交付金を充てた事業約8000万円を計上し、

少人数講座や再就職支援講座の充実、

「合同就職面接会」や「ミニ企業相談会」を実施し、

就労をめざす方々にしっかり対応する体制をつくる方針です。

必要な方に情報がしっかり届くよう広報も大事です。


 

神奈川県議会議員 きしべ都

アーカイブ
最近のコメント