南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

2018年5月6日

日華議連 台湾視察 その3 新北市の文化・観光施策

みなさん、こんにちは、きしべ都です。
日華議連 台湾視察 その三日目です。
新北市の文化・観光調査は
まず、金宝山鄧麗君記念墓園。
お墓が観光になるのか
疑問をもちつつ
金峰山に向かいました。 
1995年 急死したテレサテンの墓園ですが、
周囲は芸術的景観をもつ現代的な墓園で、
山を背に広々とした敷地から野柳地区一帯が一望できます。
テレサテンの墓園は周囲が整備され
「テレサテン記念公園」と称され、命日には記念行事が催されています。
火葬が基本の台湾で、土葬されているのは、
蒋介石と蒋経国(蒋介石の子、6、7代中華民国総統)とテレサ・テンの3人のみ
特別な存在だそうです。
日本でも歴史上の偉人や功労者の墓、顕彰碑など
文化史跡、観光地として誘客を図っていますが、
芸能人の墓地についてはこういった観光地化はあまりされていないと思います。
が、遺族、関係者の了解の元
没後も慕う人々に公開され、長く人々の記憶に生き続けることもあることを感じました。
郊外の山中ではあるが、路線バスもあるというくらい、
20年以上たっても人を呼び込む力をもつ偉大なアーティストであり、
墓地ではありますが、
観光地として台湾だけでなく、アジアを中心とした内外からの訪問が絶えず、
お墓参りを組み込んだ観光ツアーもあると聞きました。
新北市の観光の大きな拠点でもあります。
歴史、景観、建築といったハード面でない
文化面、ソフト面での観光誘客の参考としたいと思います。

文化・観光調査は野柳地質公園です。 
野柳地質公園の奇岩は世界奇観の一つとされ、
海岸が延びている方向と地層及び構造線の方向は、
ほぼ垂直状態。
海水による侵食、岩石の風化、海と陸の相対的な運動、
地殻の運動などの地質作用の影響で、珍しい地形が形成されました。
奇形岩がたちならび、自然が生み出すアートと言われています。
自然景観地、また、海岸地ということで
保全・安全に非常に配慮されていました。
とくに保護のための赤い線が引かれている先は立ち入り禁止区域で
警備員が配置され、少しでも踏み入れると厳しく注意されます。
海岸というかがけ地でもあるので
こうした人による安全策は
人件費もかかりますが、
貴重な自然岩の保存のためにも
必要な経費と考えられています。
人気のある女王の頭は後、数年で首が折れてしまうとも言われ、
写真なども制限エリアを作っているが、
一方で園路に記念写真用にレプリカも用意してあり、
訪問客へのサービスが感じられます。
多言語の案内板やパンフレット、分かりやすい案内標識、
歩きやすい歩道,手すりなどの整備で
小さい子から高齢者まで楽しむ工夫されています。
園内にはQRコードでの案内ガイドのアプリ紹介もありましたが、
バージョンが古いためなのか読み込めず、
使えなかったのが残念でした。
近年、中国からの観光客が減ったことへの対策として、
4月から5月までライトアップを施し、
夜の観光にも力をいれ誘客を図るなど新たな工夫を行っています。
案内灯はありましたが、
歩道から岩場へいったときの安全面対策など
気になりましたが、現地では確認できなかったです。
台北辺りでは小学校の遠足はこの地に来ることも多いらしく、
たくさんの子どもたちがクラス毎にガイドさんの説明を聞いていました。
園内に地形形成の過程などの説明板が多数有り、
学術面での情報も多いのはいいと思いました。
同様の地質公園として
視察の数日前まで日本の秋芳洞など
友好地域の公園の展示もされていたそうで、
HPでも秋芳洞とはリンクもあってあり、
日本との相互交流も行われていますが、
まだまだ、日本での知名度は低いと思われます。
台湾では有数の観光地とのことですが、
台北郊外にある上、アクセスはあまりよくなく、
長距離バス等の利用では結構時間がかかりることも
日本からの観光が他に比べ少ない要因かと感じました。
台湾は外交上の課題も多いですが、
ユネスコに加盟していないため、
ユネスコの事業である世界ジオパークを標榜できないことは
広報上、観光誘客でハードルとなっているようにも感じました。
青い空とひろがる海岸線、
ふしぎな形の岩岩、
台北の街並みや九分などとも違う
自然の景観はすばらしく、
その見せ方、安全対策,とくにユニバーサルなサービスは
神奈川野観光の参考になりました。

午後から新北市を離れ、宜蘭県へ移動しました。
文化・観光調査の3つめは 国立伝統文化中心(国立伝統文化センター)です。  
国立伝統芸術センターは、
五結郷冬山河の下流近く、有名な冬山河親水公園のそばに
2002年1月に設立され、
古い建造物を移設したり
伝統芸能や技術を展示,演目を常時上演したりすることで、
伝統芸術の人材育成を担い、
伝統芸術の調査研究、 保存継続と発展、創出などの業務を行っています。
広大な敷地内には、2館の展示館、戯劇館、
3街の伝習街、民芸街、臨水街、
1廟の文昌祠を配置し、
民間の伝統文化の保存に
演劇、音楽、舞踏、工芸、雑技などのテーマにそって、
21の建物と景観エリアが設置され、
その中では伝統技能を持つ職人が古くより伝わる文化を披露、
京劇・布袋劇といった台湾伝統芸能は月ごとに演目を変え、
台湾各地の伝統芸能や工芸、文化を総合的に紹介しています。
古い街並みや古建築の移設により、「見て・触れて・楽しめる」に
「感じる,包まれる」といった環境を提供し、
広大な敷地を活かした「民族、歴史、生活、文化の体験的展示」の
テーマパークを形成しています。
「歴史的なものは、保存し活用してこそ、
その価値が検証され、生命が続くのです」と言うことばを
体現した施設であると感じました。
街並み、季節毎の行事や祭りまで再現しており、
伝統芸能や民族文化の啓発や継承、体験の大規模な施設です。
各地方や町に点在している民芸や手工芸品など
台湾の物産の紹介をすること手工業の活性化も図っています。

Share on Facebook

2018年5月6日

日華議連 台湾視察 その2 新北市・市議会と意見交換

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
日華議連 台湾視察の
二日目は
まず、国立国父記念館
歴史の記念館から芸術文化の拠点として
活用されています。
台湾の方々が
国父とあおぐ孫文の思想と業績を顕彰するためにつくられ、
毎正時の衛兵の交代式にはたくさんの見学者が集まります。
建国宣言書始め多数の資料、著作など
革命の歴史文物の保存、展示の記念館の機能だけでなく、
来訪者に積極的に偉業を周知、啓発する教育的な機能にも力が注がれています。
さらに、2500席の大ホール、小ホール、ギャラリー、図書室などを備え、
生涯学習と芸術文化活動の拠点施設としての機能を有しており、
緑豊かな中山公園もふくめ、市民の憩いの場として定着しています。
視察時にも回廊でヨガやダンスの練習をするグループも有り、
市民の活動場所としても親しまれていることを感じました。
それから新北市に移動、
新北市議会へ表敬訪問し、意見交換しました。
新北市市議会からは
昨日に引き続き
蔣 根煌議長、陳 文治副議長から
ご挨拶と今後の友好交流について伺いました。
また、神奈川県との交流について
新北市のとりくみについて
市の担当局から説明を意見交換しました。
観光局 李副局長から
江ノ電、藤沢市との観光交流について
新たな観光のありかたについて 
スポーツイベント,SNSの活用について
教育局 しょう副局長から
新北市の教育概要
重点目標と内容 職業教育、国際教育、食育、健康教育
神奈川県との交流について
消防局 李副局長から
神奈川県との防災交流について
新北市の防災の重点施策について 
市民・企業の防災訓練・全市全域での防災のとりくみ
などです。
質疑や意見交換では
職業教育の詳細についてふれ、
この4年間で15億台湾元の予算で高校、職業高校のハード・ソフトの改善を
行ってきたこと、
これまで隣接 台北県への進学が多かったが,この改善効果で
40%から70%と新北市内への高校進学率が向上したこと。
5つの高校に、15の中学に職業センターを設置し、指導を強化したことなど
教育環境の向上に予算を増額し、成果が出たことなど伺いました。

そのあと、
新たにできた文教施設調査で
鶯歌陶瓷博物館を見学しました。
2000年にオープンした台湾において、
唯一の陶磁器を主題とした博物館であり、
台湾の陶磁器文化の調査、資料収集、保存、保護ならびに
研究、収蔵、展示及び教育などの事業に取り組んでいます。
また、海外のアーティストを招いて
アーティスト・イン・レジデンス活動や
全米博物館協会への加盟、
ドイツ・スペインの博物館と姉妹館協定の締結など
国際交流を積極的に推進しており、
台湾の陶磁器文化と現代の陶芸創作の力強さを海外に発信しています。
新北市は、200年以上陶磁器を生産し、
台湾でも有名な場所である鶯歌に
地方の文化観光の促進、
そして鶯歌地域の陶磁器産業の構造転換などを狙い、
博物館建設を決めたということです。。
幅広い世代の来訪者を想定し、
中国語・英語・日本語・台湾語・子供向けの中国語版など
外国語対応にも配慮されています。
日本語が通じるスタッフの待機、
日本語のパンフレットや、日本語の無料音声ガイドの貸し出しもあリました。
老眼鏡コーナーや点字による解説などユニバーサルなサービス体制がとられています。
館内は子どもからお年寄りまで
、幅広く陶芸の歴史や文化について分かりやすく展示、解説され、
体験コーナーや研修室、講演会ホールなども設置されており
建物の周囲は広場も有り、イベントも開催、、
陶芸を柱に文化芸術活動の拠点としても活用されています。
その地域ならではの
伝統・文化の保存、継承にとどまらず、
広く県外、国外までの発信と誘客、
神奈川のマグマルにも
こうしたとりくみは参考になります。

Share on Facebook

2018年5月6日

日華議連 台湾視察 その1 友好10周年記念

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
GWはゆっくりされましたか?
わたしもちょっとお休みいただいたり、
立憲民主党入党のご挨拶と
ポスターのはりかえにまわらせていただいたり、
あっという間でした。

4月24日から27日まで
県議会日華議連で
台湾視察に行ってまいりました。
何回かにわけてご報告します。

一日目は神奈川県議会・新北市議会との
友好交流協定提携10周年記念式典。
新北市議会から蔣根煌議長はじめ市議会議員 26名
新北市から李四川副市長他、行政経済関係者が
出席されました。
まずは新北市議会蔣議長と小野寺副議長による覚え書き調印
そして 蔣議長、小野寺副議長、松田議連会長、
李副市長 台日関係協会 謝副参事野ご挨拶です。
神奈川県議会は
新北市の前身である台北県議会と
友好交流協定を結んで以来、
2010年、台北県が直轄市として「新北市」に再編後も
姉妹議会として着実に交流を積み重ねてきました。
さらには2016年10月、
神奈川県と台湾・新北市、
行政機関においても、
防災、危機管理の体制の充実強化及び
高校生の交流促進のため、
それぞれの担当部局との間で
「防災に関する相互応援協定」及び
「高校生の相互交流推進に関する協定」が結ばれ、
教育、文化、産業、環境、防災と
行政レベルでも協定、交流を重ね、
とくに高校生の交流や防災相互援助など
すすめてきています。
今回の訪問で、
今後さらに多分野での友好交流を重ねていくことを
確認しあいました。

Share on Facebook

 

神奈川県議会議員 きしべ都

アーカイブ
最近のコメント