南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

2017年9月2日

津久井やまゆり園の再生案は 小規模分散化の方向で

みなさん、こんにちは。きしべ都です。 

8月24日に
津久井やまゆり園事件再発防止対策・再生本部会議の
第8回が行われ、
津久井やまゆり園再生基本構想(案)が
取りまとめられました。
昨年9月、
県は、事件後
津久井やまゆり園の施設にも
甚大な被害が及び
入所者はじめ適切な支援が
困難であると判断して、
津久井やまゆり園の再生に向けては
「現在地での全面的建替え」の方向性を示しました。
が、その後、
様々な意見が出されたことを踏まえ、
今年2月 神奈川県障害者施策審議会に、
津久井やまゆり園再生基本構想策定に関する部会を
設置しました。
この部会で12回にわたる
精力的な審議が行われ、
「意思決定支援」
「安心して安全に生活できる場の確保」、
「地域移行促進」を柱とする
報告書が取りまとめられ、
8月17日に、
神奈川県障害者施策審議会において、報告書が承認、
同日、会長から知事に
検討結果報告書が提出されました。
その内容を尊重し、
津久井やまゆり園再生基本構想(案)として
取りまとめられました。
小規模分散化という時代の流れと、
現地での建て替えという
入所者家族の要望を両立させた形で、
現地 相模原千木良と
仮移転先の芹が谷園舎(横浜市港南区)周辺に、
定員十一人(うち一人は短期入所)の居住棟を
計十二棟建設し、
両施設の定員配分は、
二年かけて入所者の意向を確認して
決めるとするものです。
希望する入所者には、
民間のグループホーム(GH)での生活を体験、
できるだけ幅広い選択肢を示しながら、
専門チームが聞き取りなどをして
意向確認するとしました。
重い障害がある人に必要な
医療ケア設備を両施設に整え、
入所者のほか、
地域に住む障害者の利用も想定し、
GHでの生活を望む利用者の受け皿を確保するため、
県が運営業者を金銭的に補助する仕組みの検討も
案に盛り込んでいます。
今後、この基本構想(案)について、
8月末から利用者のご家族、
地域住民及び障がい者団体等に
説明をはじめ、
これから始まる第3回定例会で
議会に報告し、
議論を経て、基本構想が策定されます。
入所者の希望が一方の施設に偏った場合、
調整の難航など
意思確認と場の確保、
地域移行に向けた環境整備など
課題についてしっかりとりあげていきます。

Share on Facebook

2017年9月1日

全国学力・学習状況調査(速報版)公表されました

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
今日から9月、ちょっと涼しさを感じます。
8月28日に
平成29年度全国学力・学習状況調査
神奈川県公立小・中学校の調査結果(速報版)が
公表されました。

今年4月18日に実施された
全国学力・学習状況調査の
神奈川県の結果(速報版)をまとめたものです。
昨年との違いは
今年から
文部科学省が
政令指定都市の調査結果を
個別に公表したことを踏まえ、
県として
全県及び県域(指定都市を除いた地域)の結果を
公表しました。
詳細については、
県教育委員会で分析した後、
10月中旬頃に公表、
文教常任委員会にも報告されます。

公表分は以下に貼り付けます
これで全国で悉皆調査となって
10年、10回分のデータが集まりました。

今回も平均正答率の上位県などに
大きな変動はなく、
毎年指摘されている「応用問題が苦手」という
ところも変わりません。

毎年、8月末の速報版、秋の詳細版と
各県が分析を発表しますが、
ほとんどの問題の正答率は
大きくは変化していないようです。
本来、テストは学習状況をチェックして
次の学習に活かすために行われます。
結果が半年後で
学習や指導法に
どう反映できるか、
教師にとっては
授業改善に活かして
明日の授業をどう展開するか
その資料とするところが、
半年たってでは
教育委員会の資料とはなっても
現場では
今,目の前の児童・生徒ではなく、
次のための数字になってしまいます。
文科省や教育委員会の把握の為であれば
この10年の結果をもって
毎年の悉皆調査は見直すべきと考えます。
毎年の調査に約50億近くかかっています。
その分の金額で
学級定数の改善や
少人数指導をすすめた方が
学力向上には
効果があります。
学習のサポート、放課後学習室など
各学校での取り組みは
成果をあげており、
この10年間で
各県の状況、
課題は十分見えてきています。

学力テストが必要と言うなら
せめて抽出調査にし、
その分を
OECDの調査でも指摘されている
家庭環境による学習の格差など
これまでに分かった
児童・生徒をめぐる課題の改善のために、
長時間勤務が大きな問題となっている
学校現場の人員増に、
不足している学習環境整備に、
今、必要がある施策に
美宛北課題の解決に
文科省の予算を振り分けるべきと考えます。
基礎の徹底
応用力の拡充
そのために
どんな教育政策をうつのか

高額な調査を繰り返すのではなく、
結果の公表だけでなく、
各県や各学校への指示だけでなく
調査で得られた数値について
改善のための具体策をだすこと。
十分な人的配置や環境整備こそ、
調査の目的であり、
求められる予算だと考えます。
潤沢でない教育予算の使い道として
調査のあとの手当、改善策に
軸足を移す時期が来ていると考えます。

以下、公表の資料です。

1 調査の概要
 ○ 小学校は第6学年、中学校は第3学年が対象
 ○ 次の3種類の調査を実施
  ・ 教科に関する調査(国語、算数・数学)
        A:主として「知識」に関する問題
        B:主として「活用」に関する問題
  ・ 学校質問紙調査
  ・ 児童生徒質問紙調査

 ○ 参加規模は次のとおり
    神奈川県全体では1,278校、約13万6千人の児童・生徒が参加した。
    内  訳:小学校851校、中学校409校、特別支援学校 小学部7校、中学部5校、
          中等教育学校2校 義務教育学校(前期)2校 義務教育学校(後期)2校
    参加人数:小学校調査 約7万1千人、中学校調査 約6万5千人

   <参考>県域
     県域では512校、約5万1千人の児童・生徒が参加した。
     内  訳:小学校328校、中学校175校、特別支援学校 小学部4校、中学部3校、
           中等教育学校2校
     参加人数:小学校調査 約2万6千人、中学校調査 約2万5千人

2 結果の概要
 (1) 平均正答数・平均正答率
     すみません、表がうまく添付できませんでした。
     神奈川県教委のHP等でご確認ください。
     
     全教科において、
     全国公立学校の平均正答数・平均正答率と大きな差は見られなかった。

 (2) 全国公立学校の平均正答率より
    5ポイント以上低かった設問(全県)
    【小学校】
    ・国語A 「漢字の読み書き」(6問中3問)       
    ・算数A 「加法と乗法の混合した整数と小数の計算をすること」

   【中学校】
    ・国語A 「漢字の読み書き」(6問中3問)
    ・数学A 「加減乗除を含む正の数と負の数の計算において,
           計算のきまりにしたがって計算すること」
          「与えられた度数分布表について,
           ある階級の相対度数をもとめること」

3 学校質問紙調査での特徴的な項目
         (肯定的な回答をした学校の割合で比較)                    

 (1) 全国公立学校の平均より高かった主な設問(全県)
   【小学校】
    ・調査対象学年の児童に対して,
     前年度までに,ボランティア等による授業サポート(補助)を行った。
     神奈川県 61.4 % 全国 49.9 % (+11.5 )

    ・前年度までに,近隣等の中学校と,
     授業研究を行うなど,合同して研修を行った。
     神奈川県 75.7 % 全国 65.6 % (+10.1 )

    ・個々の教員が,自らの専門性を高めていこうとしている
     教科・領域等を決めており,
     校外の教員同士の授業研究の場に
     定期的・継続的に参加している。
     神奈川県 89.3 % 全国 85.5 % (+3.8 )  

   【中学校】
    ・調査対象学年の生徒に対して,
     前年度までに,ボランティア等による授業サポート(補助)を行った。
     神奈川県 40.5 % 全国 31.4 % (+9.1 )

    ・調査対象学年の生徒は,授業において,
     自らの考えがうまく伝わるよう,
     資料や文章,話の組立てなどを工夫して,
     発言や発表を行うことができていると思う。
     神奈川県 69.4 % 全国 61.2 % (+8.2 )

    ・調査対象学年の生徒は,
     学級やグループでの話合いなどの活動で
     自分の考えを深めたり,広げたりすることができて
     いると思う。
     神奈川県 80.9 % 全国 72.9 % (+8.0 )

 (2) 全国公立学校の平均より
    低かった主な設問(全県)

   【小学校】
    ・調査対象学年の児童に対して,前年度に,
     長期休業日を利用した補充的な学習サポートを実施した。
     神奈川県 33.6 % 全国 64.2 % (-30.6 ) 

    ・調査対象学年の児童に対して,前年度に,
     放課後を利用した補充的な学習サポートを実施した。
     神奈川県 11.7 % 全国 33.1 % (-21.4 ) 

    ・調査対象学年の児童に対して,
     算数の授業において
     前年度に習熟の早いグループに対して
     少人数による指導を行い,発展的な内容を扱った。
     神奈川県 33.7 % 全国 55.0 % (-21.3 ) 

   【中学校】
   ・調査対象学年の生徒に対して,
    数学の授業において,
    前年度に習熟の遅いグループに対して
    少人数による指導を行い,習得できるようにした。
    神奈川県 28.9 % 全国 49.2 % (-20.3 ) 

    ・調査対象学年の生徒に対して,
     数学の授業において,
     前年度に習熟の早いグループに対して
     少人数による指導を行い,
     発展的な内容を扱った。
     神奈川県 24.9 % 全国 43.6 % (-18.7 )

    ・平成28年度の
     全国学力・学習状況調査の分析結果について,
     近隣等の小学校と成果や課題を共有した。
     神奈川県 41.8 % 全国 56.8 % (-15.0 )  

4 児童・生徒質問紙調査での
  特徴的な項目
  (肯定的な回答をした児童・生徒の割合で比較)

 (1) 全国公立学校の平均より高かった主な設問(全県)
   【小学校】
   ・スマートフォン等の使い方について
    家の人と約束したことを守っている。
    神奈川県 54.8 % 全国 48.7 % (+ 6.1) 

    ・将来,外国へ留学したり,
     国際的な仕事に就いたりしてみたいと思う。
     神奈川県 37.7 % 全国 33.6 % (+ 4.1) 

    ・土曜日曜など学校が休みの日に,
     1日1時間以上勉強する(塾等も含む)。
     神奈川県 27.2 % 全国 24.6 % (+ 2.6) 

   【中学校】
    ・平日,2時間以上部活動を行う。
     神奈川県 65.6 % 全国 55.6 % (+10.0)

    ・携帯やスマホの使い方について,
     家の人と約束したことを守っている。
     神奈川県 57.8 % 全国 50.6%  (+7.2)

    ・将来,外国へ留学したり,
     国際的な仕事に就いてみたりしたいと思う。
     神奈川県 39.0 % 全国 32.9 % (+6.1) 

 (2) 全国公立学校の平均より低かった主な設問(全県)

   【小学校】
    ・家で,学校の授業の復習をしている。
      神奈川県 44.1 % 全国 53.8 % (-9.7)

    ・今住んでいる地域の行事に参加している。
      神奈川県 55.2 % 全国 62.6 % (-7.4)

    ・学校図書館や地域の図書館に,週に1回以上行く。
      神奈川県  9.9 % 全国 15.6%  (-5.7)

   【中学校】
    ・1,2年生で受けた授業で,
     ノートに学習目標とまとめを書いていたと思う。
     神奈川県 72.4 % 全国 80.3 % (-7.9)   

    ・1,2年生で受けた道徳の時間では,
     自分の考えを深めたり,
     学級やグループで話し合ったりする活動に
     取り組んでいたと思う。           
     神奈川県 68.2 % 全国 76.0 % (-7.8)  

    ・今住んでいる地域の行事に参加している。
     神奈川県 35.1 % 全国 42.1 % (-7.0) 

 <参考>県域(政令指定都市を除く)

2-(2)全国公立学校の平均正答率より
      5ポイント以上高かった設問(県域)

   【中学校】
    ・数学A 
    「錯角の位置にある角について正しい記述を選ぶこと」

2-(3)全国公立学校の平均正答率より
     5ポイント以上低かった設問(県域)
   【小学校】
    ・国語A 「漢字の読み書き」(6問中3問)
    ・国語B 「目的や意図に応じて,話の構成や内容を工夫し,
           場に応じた適切な言葉遣いで自分の考えを話すこと」
          「物語を読み,具体的な叙述を基に理由を明確にして,
           自分の考えをまとめること」            

    ・算数A 「加法と乗法の混合した整数と小数の計算をすること」
          「商を分数で表すこと」   
          「資料から二次元表の合計欄に入る数を求めること」

    ・算数B 「仮の平均を用いた考えを解釈し,
           示された数値を基準とした場合の
           平均の求め方を記述すること」

   【中学校】

    ・国語A 「漢字の読み書き」(6問中3問)
    ・数学A 「加減乗除を含む正の数と負の数の計算において,
           計算のきまりにしたがって計算すること」
          「具体的な場面で,一元一次方程式をつくること」
          「与えられた度数分布表について,
           ある階級の相対度数をもとめること」

3 学校質問紙調査での特徴的な項目
    (肯定的な回答をした学校の割合で比較)                    

 (1) 全国公立学校の平均より
    高かった主な設問(県域)

   【小学校】
    ・調査対象学年の児童に対して,
     前年度までに,ボランティア等による授業サポート(補助)を行った。
     県域 60.8 % 全国 49.9 % (+10.9 ) 

    ・学校でテーマを決め,
     講師を招聘するなどの校内研修を行っている。
     県域 96.1 % 全国 93.6 % (+2.5 ) 

    ・調査対象学年の児童は,
     学級やグループでの話合いなどの活動で,
     相手の考えを最後まで聞くことができていると思う。
     県域 89.2 % 全国 86.7 % (+2.5 ) 

   【中学校】
    ・調査対象学年の生徒に対して,前年度までに,
     ボランティア等による授業サポート(補助)を行った。
     県域 46.7 % 全国 31.4 % (+15.3 )

    ・調査対象学年の生徒は,
     学級やグループでの話し合いなどの活動で,
     自分の考えを深めたり,
     広げたりすることができている。
     県域 87.7 % 全国 72.9 % (+14.8 )

    ・調査対象学年の生徒は,
     学級やグループでの話し合いなどの活動で,
     自分の考えを相手にしっかりと伝えること
     できている。
     県域 89.5 % 全国 75.9 % (+13.6 )

 (2) 全国公立学校の平均より低かった主な設問(県域)
    【小学校】
    ・調査対象学年の児童に対して,
     算数の授業において 前年度に,
     習熟の早いグループに対して少人数による
     指導を行い,発展的な内容を扱った。
     県域 23.7 % 全国 55.0 % (-31.3 ) 

    ・調査対象学年の児童に対して,
     算数の授業において,前年度に,
     習熟の遅いグループに対して少人数による
     指導を行い,習得できるようにした。
     県域 34.5 % 全国 61.9 % (-27.4 ) 

    ・児童の姿や地域の現状等に関する調査や
     各種データ等に基づき,
     教育課程を編成し,実施し,評価して
     改善を図る一連のPDCAサイクルを確立している。
     県域 73.1 % 全国 91.5 % (-18.4 )  

   【中学校】
    ・調査対象学年の生徒に対して,
     数学の授業において,前年度に,
     習熟の早いグループに対して
     少人数による指導を行い,
     発展的な内容を扱った。
     県域 20.5 % 全国 43.6 % (-23.1 ) 

    ・調査対象学年の生徒に対して,
     数学の授業において,前年度に,
     習熟の遅いグループに対して
     少人数による指導を行い,
     習得できるようにした。
     県域 26.7 % 全国 49.2 % (-22.5 ) 

    ・調査対象学年の生徒に対して,
     前年度に,数学の授業において,
     コンピュータ等の情報通信技術
     (パソコン(タブレット端末を含む),
     電子黒板,実物投影機,
     プロジェクター,インターネットなどをさす)を
     活用した授業を行った。
     県域 22.2 % 全国 38.8 % (-16.6 ) 

4 児童・生徒質問紙調査での
  特徴的な項目
  (肯定的な回答をした児童・生徒の割合で比較)

 (1) 全国公立学校の平均より高かった主な設問(県域)

   【小学校】
    ・携帯電話やスマートフォンの使い方について,
     家の人との約束したことを守る。
     県域 51.9 % 全国 48.7 % (+3.2)  

    ・将来,外国へ留学したり,
     国際的な仕事についてみたいと思う。
     県域 35.7 % 全国 33.6 % (+2.1)

    ・テレビのニュース番組やインターネットの
     ニュースを見る。
     県域 85.0 % 全国 84.6 % (+0.4)

   【中学校】
    ・平日,2時間以上部活動を行う
     県域63.6 % 全国55.6 % (+8.0)

    ・将来,外国へ留学したり,国際的な仕事に
     就いてみたりしたいと思う。
     県域38.1 % 全国32.9 % (+5.2)

    ・携帯やスマホの使い方について,
     家の人と約束をしたことを守っている。
     県域55.7 % 全国50.6 % (+5.1)

 (2) 全国公立学校の平均より
     低かった主な設問(県域)

   【小学校】
    ・今住んでいる地域の行事に参加している。
     県域 52.9 % 全国 62.6 % (-9.7)

    ・家で,学校の授業の復習をしている。
     県域 45.3 % 全国 53.8 % (-8.5)

    ・学校の授業時間以外に平日1時間以上勉強している。
     県域 56.0 % 全国 64.4 % (-8.4)

  【中学校】
    ・1,2年生で受けた授業で,
     ノートに学習目標とまとめを書いていたと思う。
     県域70.2 % 全国80.3 % (-10.1)   

    ・家で,学校の授業の復習をしている。           
     県域42.3 % 全国50.5 % (-8.2)  

    ・今住んでいる地域の行事に参加している。
     県域34.9 % 全国42.1 % (-7.2 )  

Share on Facebook

2017年8月29日

「広がれ、こども食堂の輪!」全国ツアー in かながわ開催

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
朝から北朝鮮が発射した
ミサイルの報道一色です。
冷静な広報と
情報、分析につとめるべきで
いたずらに市民のみなさんの
不安をあおるようなことは
避けるべきと考えます。

さて、神奈川県と横浜市では
全国で広がる子ども食堂について
「広がれ、こども食堂の輪!」全国ツアー in かながわを
開催します。

全国的に広がる、
地域団体やNPO法人、
企業等が主体となった、
いわゆる「こども食堂」などの取組みを通して、
地域における子どもの支援や
子どもの居場所づくりについて考えるセミナーです。
子ども食堂の先駆け、
東京大田区の「気まぐれ食堂だんだん」の近藤さんの
講演と
各地で活躍している団体の方々のお話しです。
活動の様子や見えてきたこと
これからのとりくみなど
ぜひ、伺いたいと思います。
県議会日程と重ならないように
祈るのみですが・・・・・・
みなさん、どうぞふるってご参加ください。

1 日時  10月27日(金曜) 13時30分から16時 (13時開場)
2 会場  はまぎんホール ヴィアマーレ 
 (横浜市西区みなとみらい3-1-1 横浜銀行本店ビル1F)

3 入場料  無料

4 内容
 (1)講演
   「『こども食堂』を始めたきっかけと今後への想い」 
   近藤博子氏
  (気まぐれ八百屋だんだん店主/
   「広がれ、こども食堂の輪!」全国ツアー実行委員)

 (2)パネルディスカッション
   「知っていますか?地域の子どもを支える取り組み」

   コメンテーター 近藤 博子氏
   パネリスト   島村 聡子氏
            (特定非営利活動法人セカンドリーグ神奈川理事長)
            花澤 昴乃氏
            (学生団体My Own Place)
            水谷 裕子氏
            (特定非営利活動法人アーモンドコミュニティネットワーク理事長)
            伊藤 美紀氏
            (第六地区こどもの居場所づくり検討会代表(横浜市西区))
   進   行   米田 佐知子氏
            (子どもの未来サポートオフィス代表/
             横浜こども食堂ネットワーク準備会)

5  参加申込み方法等(事前申込制、定員490名)

 参加を希望される場合は、10月17日(火曜日)17時までに
   電子申請またはファックスで県子ども支援課へ
   URL  http://www.pref.kanagawa.jp/div/1399/  
   FAX  045-210-8868

Share on Facebook

 

神奈川県議会議員 きしべ都

最近のコメント