2022年12月26日

ご注意!!来春のスギ・ヒノキ花粉飛散量はかなり多いようです。

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

県の自然環境保全センター(厚木市七沢)では、

春のスギ・ヒノキ花粉飛散量を予測するため、

県内のスギ林30箇所とヒノキ林40箇所で

花粉を飛散させる雄花の着花量調査を実施しています。

先日、今年度の結果をまとめ、公表されました。

以下、記者発表の転記です。

1 調査結果の概要

今回のスギ調査では、

スギ林30箇所の着花点数の平均値は77.8点となりました。

この値は、昨年の37.8点および

過去26年間の平均45.8点を上回り、

過去最高の値となっています(図1)。

一方、ヒノキ林40箇所の着花点数の平均値は59.8点となりました。

この値は、昨年の40.7点、過去11年間の平均45.1点を上回り、

11年間で2番目の値になりました(図2)。

スギ・ヒノキは猛暑であると

雄花の着花量は多くなる傾向にあります。

令和4年夏の7月は猛暑、

8月は平年を下回る気象条件でした。

7月の猛暑と前年がやや少ない年となったことが、

雄花の着花量が多くなった要因と推定されます。

今回の調査結果から、

令和5年春の花粉飛散量は、

スギ・ヒノキともに前年(令和4年春)に比べて大幅に増加し、

例年よりも多い大量飛散が予測されます。

図1県内スギ林30箇所の平均着花点数の年変化(26年間の平均値45.8点)のグラフ
図2県内ヒノキ林40箇所の平均着花点数の年変化(11年間の平均値45.1点)のグラフ

2 調査の概要

(1)  スギ
① 調査期間 令和4年11月1日から同月24日まで
② 調査地 県内の森林地帯を次の4地域に区分し、合計30箇所を調査しました。

地域調査地箇所数
県北部相模原市緑区6箇所
県央部厚木市、愛川町及び清川村9箇所
県北西部秦野市、松田町及び山北町6箇所
県西部小田原市、南足柄市及び山北町の一部9箇所



 

コメントをどうぞ