2021年6月14日

南区内の個別接種医療機関は34に拡大へ

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

新型コロナウイルスのワクチン接種も

集団接種、大規模会場での接種、個別接種とはじまり、

第1回目はやってきたよとのご報告もいただいています。

先週、横浜市は、

病院や診療所による「個別接種」を行う医療機関を拡充し発表しました。

新たな拡充で市内約870か所、南区内でも34か所となります。

先月5月17日の発表の時は

市全体で約600の医療機関でしたが

発表直後から医療機関に問い合わせ電話が殺到し、

連絡先を非公表にしたり、

接種自体を取り止める医療機関が相次ぎました。

南区でも20の医療機関を公表、

発表直後から各医療機関には

問い合わせや予約を求める電話が殺到し、

通常診療に支障が出るほどだったところもあったそうです。

タウンニュース南区版の調べでは

「南区の20カ所のうち、発表された17日のうちに

非公表や辞退を決めたのが4カ所。

その後も増え続け、

24日正午時点で市のサイトに記載されているのは10カ所で、

当初公表された半数が非公表か辞退したことになる。」との記載がありました。

その後の調整で先週新たに

個別接種を受け付けることができる医療機関が

拡充され、約870か所になりました。

医療機関ごとに予約を受付けます。

医療機関により、開始時期、予約方法等が異なるので

下記の下線のアドレス

個別接種(各医療機関で予約を受け付けるもの)について

表の南区からご覧ください。

34の医療機関のうち、

すでに予約開始しているのは19か所、

今週中開始が4か所

来週以降が11か所あります。

ワクチンの国からの供給も安定し

接種場所も増えていますので

ご自身の体調や予定とよく考え併せて

接種についてご検討ください。




 

コメントをどうぞ