2021年4月2日

横浜から3品が神奈川ブランドに仲間入りしました。

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

下のマークはご存じですか?

かながわブランドマーク

神奈川の各地には、気候風土を生かした様々な農林水産物が生産されています。

それらはまさに郷土の味、生産者の自慢の品々です。  

県では、生産者団体とともにかながわブランドをはじめ、

優れた県内産品を多くの方々に知ってい ただこうとPRに努めています。  

かながわブランドとは、

組織的な生産体制に基づき、

品質、生産量並びに供給体制の向上及び安定 を目指す

県内産農林水産物及びその加工品です。  

県と生産者団体が連携協力し、

生産者団体主体の推進組織 である

「かながわブランド振興協議会」(事務局:JA神奈川 県中央会)を中心に

かながわブランドの登録決定やPR活動等 さまざまな取組を進めています。

その県と生産者団体で構成する「かながわブランド振興協議会」で

今回、横浜市内の3品が「かながわブランド」に仲間入りしました。

「横濱アイス工房アイスクリーム」、

「生粋かながわ牛」及び

「横浜瀬谷うど」です。

かながわブランド登録品は、これで70品目123登録品となりました。

横濱アイス工房アイスクリーム

《横濱アイス工房アイスクリームについて》
1登録団体 

株式会社小野ファーム代表取締役小野利和
横浜市戸塚区上倉田町1408番地
TEL:045-881-3287

横濱アイス工房アイスクリーム

アピールポイント
(1)直営牧場の搾りたての生乳を使用しています。
(2)食品の安全性を確保するための衛生管理手法がある「HACCP」認証を取得し、最新設備の自社工場で作られています。
(3)イスラム教の戒律に則って製造されたことを示す「HALAL認証」を取得したアイスクリームや、県内JAとコラボレーションした地元農産物のフレーバーのアイスクリームを製造販売しています。

購入できる店舗
横浜市内の小野ファーム直営店の他、

JAさがみ、JAセレサ川崎、JA横浜の直売所でも買うことができます。

生粋かながわ牛


《生粋かながわ牛について》
1登録団体
 
かながわ産牛肉販売促進協議会会長石田聡
横浜市磯子区西町14-3
TEL:045-761-4191

ブランド名
生粋かながわ牛

アピールポイント
(1)県内酪農家のホルスタイン(乳用種)に和牛の受精卵を移植し、生まれた子牛を県内肥育農家が育てた100%神奈川県産の和牛(黒毛和種)です。
(2)牛舎の環境やエサ、健康状態に細心の注意を払い育てられた、肉質4等級以上の高品質な牛肉です。

購入できる店舗
ANAショッピングhttps://www.astyle.jp/
県内精肉店で販売する他、箱根をはじめとする飲食店でも取り扱っています。
取り扱い店舗一覧http://kanagawa.lin.gr.jp/post-2.html

横浜瀬谷うど

ブランド名
横浜瀬谷うど

アピールポイント
(1)主にビニールハウスの中に遮光資材で覆ったトンネルを作り、温度や湿度をできるだけ一定に保つ栽培方法により、表皮が白く、一定の長さがあるのが特徴です。
(2)皮が柔らかくて、香りが高く、シャキシャキとしたみずみずしい食感を持っています。
(3)苦みやくせが少ないため、生でもおいしく食べられ、さまざまな料理にも活用できます。

購入できる店舗
JA横浜「ハマッ子」直売所の他、

株式会社グリーンファーム金沢本店や戸塚深谷店




 

コメントをどうぞ