2020年10月20日

県庁でも「BLUE FRIDAY」で応援!

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

新型 コロナ ウイルス感染症 の収束が見えない中、

神奈川県では、感染症対策の最前線で闘 う

医療・福祉従事者への感謝・応援 の 機運をもりあげようと

県庁のブルーのライトアップなど取り組まれてきましたが、

あらたに 県庁職員一人ひと りが 思いをはせて

行動する全庁的な キャンペーン を実施することが発表されました。

本庁舎ブルーライトアップの継続にくわえて

職員によるブルーコーディネートといって、

医療従事者等応援カラーの「青」の色を

なにか一つアイテムを身につけるそうです。

特別な物品を用意することなく、

毎週金曜日に、「青」いネクタイやシャツ、

ブラウスを着る、またはワンポイントで

何か青いもの(マスク等)を身に付けるそうです。

10 月 23 日(金)から

来年 3 月 末まで

毎週金曜日の取り組みとなります。

また、横浜ベイスターズがホームゲームの金曜日に

医療介護従事者への感謝を示すスペシャル企画とも連携するそうです。

ベイスターズの

「BLUE FRIDAY」イベントグッズの売り上げ利益は

全額 県の「コロナ感染症医療・福祉応援基金」に

寄付してくださるそうです。






 

コメントをどうぞ