2020年9月25日

65歳以上のかた、インフルエンザ予防注射 無償に

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

昨日、県議会本会議にて

インフルエンザの予防接種補助約37億円の

9月補正予算その2が上程され、

即日、総務政策、厚生の所管常任委員会が開催

その後本会議にて、可決しました。

10月から始まるインフルエンザの予防接種について

65歳以上の高齢者のかたに無料で接種をうけていただくように

県として接種事業主体の市町村に対して補助をするものです。

毎年、流行が心配されるインフルエンザですが、

予防接種を促進し発症や重症化を抑制することで

コロナへの対応を含む県内の医療提供体制を維持することにつながります。

補助額は一人当たり2300円です。

65歳以上の方は県内は約230万人、

インフルエンザの予防接種の接種率は例年50%だそうです。

今年はコロナの状況により70%程度まで増えると見込んで

県内で約160万人の方が接種を受けると想定した予算です。

国では10月1日から26日までに高齢者の方に接種をとアナウンスしています。

そのため、審議中の総額1847億円の補正予算とは別に

昨日の、提案、委員会審議、本会議採決と

急遽の採決となりました。

接種希望者が当初の見込みを上回った場合には

さらなる補正予算や予備費から資金を追加して

ニーズにこたえる方針で

市町村への財政支援措置を拡大する予定です。

インフルエンザの感染率や死亡率はコロナを超えるものがあります。

今、コロナ対策のマスクや手洗い、うがい、消毒で

例年よりインフルエンザの感染率が下がっているとも聞いています。

これから気温もさがり、空気も乾燥する季節がやってきます。

今まで続けてこられた、感染症対策を継続いただき、

健やかにお過ごしください。




 

コメントをどうぞ