2020年5月8日

特別定額給付金 横浜市は12日からオンライン申請受付開始


みなさん、こんにちは、きしべ都です。

連休明けに、申請受付をはじめた市町村がとりあげられている

特別定額給付金の申請について

横浜市では12日から申請受付を始めることが

発表されました。

申請には2通りの方法があります。

1.郵送申請

世帯主(申請・受給権者)あてに郵送された申請書に

振込先口座を記入し、

振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しを

郵送により提出します。 
 

横浜市では、5月下旬の発送開始、

6月上旬の振込開始を目指して、準備中。

2.オンライン申請

(1) 申請受付開始日   5月12日(火)午前0時から
(2) 振込開始時期    5月下旬見込
(3) オンライン申請   マイナポータル上の特別定額給付金申請画面から、

            金融機関の振込口座等を入力

            振込口座の確認書類をアップロードして申請

      

電子署名により本人確認を行うため、本人確認書類の添付は不要。

オンライン申請の手続きは4月27日時点の世帯主のマイナンバーカードのみ

世帯主以外(ご家族など)のマイナンバーカードでは、申請はできません。

マイナンバーカードの署名用電子証明書を読み込むため、

ICカードリーダライタ又は

カード情報を読取り可能なスマートフォンが必要。

給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)に、

住民基本台帳に記録されている方で

この給付金はなぜか個人ではなく、
受給権者は、世帯の世帯主に限られています。

DV、家族等からの暴力等を理由に避難している方へ

親族(配偶者、親、子、兄弟姉妹等)からの暴力や、

性暴力被害、貧困その他の理由が複合的に重なるなどして、

住民票のある場所とは別の場所に避難している方で、

様々なご事情から

4月27日(基準日)以前に、

今お住まいの場所に住民票を移すことができない方は、

一定の条件を満たしている場合、

同伴者の分を含めて、

今お住いの市区町村に特別定額給付金の申請を行い、

給付金を受け取れるようにすることができます。

そのためには、

今お住まいの市区町村の特別給付金担当窓口へ申出書を提出してください

横浜市にお住まいの方は、

総務省や神奈川県の様式ではなく、横浜市の様式をお使いください。

施設等に入所されている方は、施設の方にご相談ください。
※「申出書」の提出は、5月1日以降も可能です。

 




 

コメントをどうぞ