2019年11月25日

第3回定例会後半が始まりました。

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
今日から第3回定例会の後半が始まりました。
本会議が開催され、
第三回定例会後半の議案の知事提案、
議案説明が行われました。
今回の補正予算は
台風災害のため昨年の同時期の10倍という
約181億9500万円の大型補正となりました。
条例の制定、改正など28件
工事請負契約の締結など6件が提案、
各委員会に付託されました。
ここまではいつも通りだったのですが、
今回は台風被害への対応の補正予算のうち
早急に対応が必要なものについて、
約48億8600万円分、6常任委員会が
即日の委員会開催、
質疑、採決がおこなわれました。

生活の再建については
台風19号については
県内の3政令市は
被災者生活再建支援法の適用地域となり、
住宅が全壊、大規模半壊した世帯等に
法による支援金が支給されることになりました。
県内には数多くの被災住宅があることから
その他の地域においても
法と同等の支援がうけられるように
県独自の支援金を支給することにしたものです。

住宅については、
台風15号、19号により、
半壊・一部損壊した住宅について
耐震性を向上させる補修を行った場合に
支援金を支給します。
国の交付金が台風15号に限定されることから
台風19号について
県独自で支給するものです。
所属する建設企業常任委員会では
被災住宅の耐震性向上となる補修について
県の単独措置を含む約五億の支援を
行うことを全会一致で採決、
先程の本会議で議決されました。

申請の窓口は市町村となります。
詳細はこれから
県と市町村と打ち合わせを経て
実施となります。
12月中旬から受付開始
3月まで受け付ける予定ということでした。

その他の議案等については
これから審議してまいります。
取り急ぎ、
本日の委員会分の
報告です。

Share on Facebook



 

コメントをどうぞ