2019年10月31日

目で見る北方領土 その1

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
あっという間に10月も終わりです。
2019年もあと2ヶ月、早いものです。
さて、
先週23日から2泊3日で
北方領土返還要求運動神奈川県民会議の皆さんと
「目で見る北方領土2019」に参加してきました。
一日目は
羽田から中標津に到着、
野付半島に向かう道には
タンチョウヅルの姿も見られました。
午後、日本最大の砂嘴の野付半島に。
ネイチャーセンター、
近年減りつつあるトドワラ見学、
北海道遺産、ラムサール条約登録の自然、
そしてすぐそこの国後島を
目の当たりにしました。
野付半島からは
目の目の海の向こうに
大きく横たわるように
国後島が見えています。
その距離16キロメートル
知床半島より国後島の方が近いことを実感しました。
野付湾には白鳥もすでに飛来、
クロガンも群れ、
エゾシカの家族、
短い時間にたくさん見ることができました。

Share on Facebook



 

コメントをどうぞ