2019年10月7日

箱根山 ようやく噴火警戒レベル「1」へ

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
今年5月19日に
噴火警戒レベルが2に引き上げられた箱根山ですが、
約5ヵ月が経過し、
この間、箱根町の皆様や
関係事業者の皆様がたは
「風評被害ゼロ」、「人的被害ゼロ」に
しっかり取り組みながら、
火山活動の沈静化
警戒レベルの引き下げを待たれていました。

本日10月7日(月)午前10時に、
気象庁が
箱根山の噴火警戒レベルを
2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に
引き下げました。
気象庁によると、
「箱根山は火山性地震が急増し、
5月19日にレベルが2に引き上げられた。
現在は火山性地震が減少しており、
山体の膨張を示すとみられる地殻変動も停滞している」
とのことです。

県と箱根町では
今後は、
これまで立入規制となっていた
大涌谷園地の各施設のメンテナンスや
避難誘導訓練などの安全確認を行い、
大涌谷など火口周辺への
観光客の立ち入り規制解除について
今後、地元の箱根町が専門家らと協議し、
できるだけ早く大涌谷園地を再開する予定とのことです。

仙石原のススキが
黄金色に色づきはじめました。
箱根の秋は、これからが見頃です。
大涌谷の火口周辺はもう少し
お待ちいただくようですが、
それ以外は
秋色の山々を
お楽しみいただけます。

Share on Facebook



 

コメントをどうぞ