2019年8月16日

終戦の日に

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
昨日の74回目の終戦の日、
西日本では台風上陸で
大荒れとなりました。
横浜では、
神奈川県戦没者慰霊堂にて
戦没者追悼式が行われました。
関東も「台風接近のなかではありましたが、
慰霊堂は正午の黙祷をはさんで
降るようなセミの声に包まれていました。
戦場で、
山野で
田畑で
町中で、
戦争によって
かけがえのない命を奪われた
すべての皆様に心からの哀悼をささげました。

以下、
74回目の終戦の日にあたっての
立憲民主党
枝野幸男代表の談話です。

本日、74回目の終戦の日を迎えました。
先の戦争で犠牲となられた
内外すべての人々に思いを致し、
国民の皆さまとともに衷心より哀悼の誠を捧げます。

先の大戦では
国民を存亡の危機に陥れ、
植民地支配と侵略によって、
多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して
多大の損害と苦痛を与えました。
私たちは、
この反省を痛切に胸に刻み、
再び戦争の惨禍が繰り返されることがないよう、
未来への教訓としなければなりません。

しかしながら今日のわが国は、
時代の大きな岐路に立たされています。
集団的自衛権の行使容認と
安保法制の成立を強行した安倍政権は、
いま、ホルムズ海峡における有志連合への参加を求められ、
後戻りのできない立場へと追い込まれようとしています。

また、専守防衛に関する
従来の政府答弁から逸脱するおそれのある
護衛艦「いずも」の事実上の空母化や、
他の歳出項目と比し突出して伸び続ける防衛予算等、
この数年における安倍政権の安全保障政策は、
完全にその抑制を失っています。

さらにいま、安倍政権は、
立憲主義、平和主義を無視した
憲法の改悪に向けて突き進もうとしています。
戦後、日本人が育てあげ、
守り続けてきた「立憲主義」と「平和主義」が、
大きな危機にさらされています。

戦後の日本は、
憲法の平和主義のもと、
焦土と化した国の復興に全力を傾注し、
自由で平和で豊かな民主主義国家をつくり上げました。
同時に、
経済協力、人道支援、PKOなど
諸外国の繁栄・発展、
国際社会の平和と安定につながる日本独自の貢献を行ってきました。

わたしたち立憲民主党は、
これら歴史の教訓を胸に刻みつつ、
戦後日本が培ってきた
外交・安全保障の基本姿勢である
国際協調と専守防衛を貫き、
国際社会の平和と繁栄に
貢献していく決意をここに表明します。

Share on Facebook



 

コメントをどうぞ