2019年6月18日

代表質問で ヘイトスピーチ対策へ一歩前進

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
県議会では
昨日から代表質問が始まりました。

わが会派からは赤野孝之議員が投壇
しました。

これまで会派として
繰り返し 提言してきた
ヘイトスピーチ対策と
そのための条例制定について
黒岩祐治知事は
「条例も含め、
どのような取り組みが最も効果的か、
整理・分析し、
総合的な視点で研究していく」と
答弁しました。
条例も含めてと
含みのある表現ですが、
知事からはじめて
「条例」発言を
引き出しました。

その他、
質問項目は以下の通りです。

1 県政運営にかかる重要な取組について
 (1) 県行政のあり方について
ア 組織再編後の行政改革について
イ 職員の民間企業への派遣について
 (2) 「かながわグランドデザイン 第3期実施計画」の多角的な検証について
 (3) 「かながわグランドデザイン 第3期実施計画」のエネルギーにおける「指標」の達成に向けた国への働きかけについて
 (4) 「ともに生きる社会かながわ憲章」の理念の普及に向けた取組について
 (5) 今後の障がい者雇用の取組について
ア 県の障がい者雇用の推進について
イ 教育委員会における障がい者雇用について

2 未来のかながわを支える取組について
 (1) 人口減少時代における企業誘致について
 (2) サテライトオフィスの設置促進について
 (3) 「国民健康保険」について
 (4) 教員の働き方改革について
 (5) 中学校給食の意義及び重要性について

3 県政の諸課題について
 (1) 本県のヘイトスピーチ対策について
 (2) 県立都市公園におけるPark-PFIの活用に向けた取組について
 (3) 市町村による森林環境譲与税の着実な活用に向けた県の役割について
 (4) 地域の力を活用した防犯対策について

Share on Facebook



 

コメントをどうぞ