2019年5月1日

平成から令和へ

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
昨日から
平成から令和への
変わり目と言うことで
報道も過熱しています。
御退位と御即位について
枝野代表の
談話が発表されています。
以下、引用します。

天皇陛下の御退位にあたって

立憲民主党代表
枝野幸男

本日、天皇陛下が御退位され、
「平成」の時代に幕がひかれることとなりました。

平成の30年間、振り返れば、
戦禍を被ることがなかったとは言え、
東日本大震災、阪神・淡路大震災、熊本地震などの
自然災害が相次ぎました。
その都度、厳しい現実を眼前にし、
立ちすくみつつも、お互いの力を信じ、助け合い、
一日ずつ、未来を築いてきました。
新しい時代を迎える今、
平成の時代を通じ培った絆を
私たちはしっかり確かめ合い、
一歩ずつ力強く進んでいこうとしています。

このような日々にあって、
日本国憲法下で初めて即位された今上陛下は、
昭和天皇以来、
象徴天皇としての有り様を常に模索され、
新たなかたちで国民と向き合ってこられました。
被災地のみならず、
全国各地に陛下が赴かれ、
国民の安寧を祈り続ける御姿には、
国民一人ひとりが大いに勇気づけられてきました。

明くる5月1日、
新天皇陛下が御即位され、
「令和」の時代が幕を開けます。
今上陛下が祈り、
国民が築き上げてきた平和な日々が
途絶えることのないよう、
立憲民主党は、
国民の皆様から課せられた責任を果たしてまいります。

新天皇陛下の御即位にあたって

立憲民主党代表
枝野幸男

新天皇の御即位を心よりお祝い申し上げます。

新たな天皇陛下とともに迎えた
令和という時代が、
国民一人ひとりにとって幸せを実感できる、
平和で穏やかな時代となることを心から祈念します。

立憲民主党は、
国民から負託を受けた政党として
その課せられた責任を果たし、
それぞれに幸せを実感できる社会経済、
「まっとうな政治」の実現を目指していきます。

加えて、
日本国憲法に定められた象徴天皇制が、
今後も国民の総意に基づいて
安定的に継続していくために、
皇位の安定的継承をはじめ、
皇室・皇位に関わる重要な課題について
真摯に向き合ってまいります。

Share on Facebook



 

コメントをどうぞ