2019年1月31日

「SDGs全国フォーラム2019」は大盛況!

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

昨日、みなとみらいにて開催された
「SDGs全国フォーラム2019」に参加してきました。

このフォーラムは
神奈川県が都道府県としては唯一
「SDGs未来都市」「自治体SDGsモデル事業」の両方に
選定されたことをうけ、
同時に選定された横浜市、鎌倉市を始め
全国の自治体と連携して、
「神奈川から『自治体の役割を明確にしたSDGsへの取組』を
全国に発信する」ことを目的に開かれました。

昨日は別室のサテライト会場も用意したけれど
そこも満席と言う大盛況で
SDGsへの関心の高さを実感しました。

第1部は「SDGs日本モデル」宣言採択
第2部は 「SDGs日本モデル」における自治体の役割
遠藤健太郎(内閣府地方創生推進事務局参事官)
甲木浩太郎(外務省国際協力局地球規模課題総括課長)
内閣府と外務省からの基調報告に続いて
■SDGs未来都市等からの提案ということで
クローズアップ現代の元キャスターの
国谷裕子さんをモデレーターに
黒岩知事
松尾鎌倉市長
牧野百男鯖江市長
鈴木康友浜松市長
竹内千尋志摩市長
のパネルディスカッション

長野県
滋賀県
横浜市
小田原市
寒川町
真鶴町
の実践報告
ゆたかな自然を地域創成に生かそうとする
熱意と努力が感じられました。

第3部は
経済面からの
「SDGs日本モデル」に向けた金融モデルとビジネスの力
■21世紀型金融ビジネスモデルの構築
■企業からの具体的なアプローチ

第4部 「SDGs日本モデル」による
次のライフスタイルと次世代からのメッセージ
■エシカルで健康的な暮らしが見えてくるクロストーク
湘南学園中学校高等学校のみなさんによる
■次世代からのメッセージ

多様性を大事にする
SDGsらしく
社会、経済、地域
いろいろな世代を 
意識したフォーラムでした。

Share on Facebook



 

コメントをどうぞ