2018年12月24日

県民ニーズ調査 速報から

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
神奈川県では、
県民の意識・価値観などの変化や
多様化する生活ニーズを把握し、
その結果を施策に反映するため、
毎年度「県民ニーズ調査」として、
県政全般についての「基本調査」と
特定のテーマについての「課題調査」を
実施しています
県内に在住する
18歳以上の方3,000人を対象に
8月から9月にかけて実施した
「基本調査 -県民の生活と県政についての意識調査-」の
結果速報が発表されています。

1 くらし全般
▼生活総合満足度
現在の生活全般について、
どの程度満足しているか尋ねたところ
「たいへん満足している」(7.7%)と
「どちらかといえば満足している」(51.8%)を合わせた
《満足している》は59.5%で、
前年度より3.6ポイント増
(55.9%→59.5%
▼くらし向きの変化
前年度と比較した
現在のくらし向きについては、
「よくなった」(4.2%)と
「少しよくなった」(10.5%)を合わせた
《よくなった》は14.7%で、
前年度より3.4ポイント増
(11.3%→14.7%)となった。
くらし向きが《悪くなった
》と答えた358人にその理由を
複数回答で尋ねたところ、
「賃金などの収入が減ったため」が
46.6%で最も多く、
次いで
「日常の生活費が増えたため」が42.5%
▼今後のくらし向きの見通し
今後のくらし向きの見通しは、
「明るい」(5.0%)と
「やや明るい」(11.4%)を合わせた
《明るい》は16.4%で、
前年度より1.8ポイント増(14.6%→16.4%)となった。
▼地域の住みよさ
現在住んでいる地域の住みよさについては、
「たいへん住みよい」(17.7%)と
「どちらかといえば住みよい」(55.8%)を
合わせた《住みよい》は73.5%で、
前年度より6.3ポイント増
(67.2%→73.5%)となった。
▼定住意向
今後も現在のところに
住み続けたいか尋ねたところ、
「現在のところに住み続けたい」が65.3%で最も多く
前年度と比較すると、
5.0ポイント増(60.3%→65.3%)
▼生活重要度
《重要である》の上位10項目と、
前年度と比較すると、
「犯罪や交通事故がなく安全で安心して暮らせること」は
.2ポイント増(94.6%→95.8%)で、
前年度に続いて第1位となった。
1。犯罪や交通事故がなく
  安全で安心して暮らせること
  95.8%
2.病気やけがの時に、 
  いつでも適切な診断や治療が受けられること
  95.4%
3。水源地の森林が守られ、
  良質な水が安定して供給されていること
  92.9%
4。大気汚染、水質汚濁、
  騒音などの公害がないこと
  92.7%
5。看護師や介護職員などの
  人材が確保され、
  安心して保健・医療・福祉サービスが受けられること
  92.0%
6。犯罪被害にあった場合に、
  適切かつきめ細かな支援が十分受けられること
7。食の安全が確保され、安心して食生活が送れること
  91.4%
8。下水道が整備されていること
  91.3%
9。通勤・通学、買物など
  日常生活のための交通の便がよいこと
  91.1%
10。地震、台風、火災などへの対策が
  十分整っていること
   90.7%

Share on Facebook



 

コメントをどうぞ