2018年11月20日

大岡川プロムナードの桜の観察会

皆さん、こんにちは。きしべ都です。
今日は桜ボランティアの
大岡川プロムナードの桜の観察会、
樹木札や樹木名札の有無から、
育成状況、枝付き、
キノコや害虫、
井土ヶ谷橋から鶴巻橋まで
右岸のみでしたが、
丹念に観て歩きました。
枝を張っていても虫の穴があいていたり、
亀裂がかなりはいっていたり、
心配な木をチェックして
区役所に報告して
専門家の診断をお願いします、
新しく植えた苗がちゃんと育っていて
安心したり、
太くなってきたのに
根がしっかり張っていなくて
今後が懸念されたり、
そばを通りながら見ているときには
気がつかないことも、
みんなで観察すると気がつきます。
森先生が
携帯式の簡易顕微鏡をお持ちになり、
それがまた、
ライト付きで200倍までみられる優れもの、
携帯画面に取り付けられるので
そのまま写真もとれるそうで、
画像を送っていただきました
FBでは写真も見られます。
育成状況や
葉つき、枝付きの様子など
森先生のご指摘に
一同納得しながらの観察会でした。
街路として
枝も根も
大きく張り出す
桜の成長は
管理も
しっかりすることが大切です。
一年を通して
世話をしている近隣の町内会の皆様、
区内各所から
集まってくださる
桜ボランティアの
皆様の
ご労苦に感謝です。
ありがとうございます❗

Share on Facebook



 

コメントをどうぞ