2018年10月30日

太陽光発電「蓄電システム導入費補助」の第4期募集件数を大幅に拡大

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

今年は各地で自然災害が発生し、
北海道胆振東部地震では、
道内全域でブラックアウト
295万戸が停電という事態になりました。
神奈川県内でも、
9月の台風24号の時には
約18万戸も停電しました。

県では
こうした災害による停電時にも、
太陽光発電があれば、
電気が確保でき、
さらに、蓄電池があれば、
昼間に太陽光で発電した電気を溜めておくことで、
夜間でも電気を確保することができるとし、
「災害時も停電のないくらし」の実現にむけ、
太陽光発電のとりくみをすすめています。
これまで、
エネルギー自立型の住宅やビル
街の実現を目指し、
エネルギーの地産地消を進めており、
その一環として、
11月1日より受付を開始する
「蓄電システム導入費補助」の件数を
大幅に拡大することにしました。
<蓄電システム導入費補助の第4期募集>
1 対象事業
 新たに設置する
太陽光発電システムで発電された
電力の全部又は一部を
補助事業で導入する
蓄電システムに充電するとともに、
充電した電力をその住宅や事業所で消費する事業

2 応募要件
 新たに太陽光発電システムと併せて
 蓄電システムを導入する個人、法人等

3 補助額
 補助対象経費
(蓄電システムの導入にかかる設備費)の
1/3以内、補助上限額は次のとおりです。
【 住宅用 】
❍県ZEH導入費補助併用なし   補助上限額 ・30万円 
❍県ZEH導入費補助併用     補助上限額 ・20万円

【事業所用 】 補助上限額    ・150万円

4 申請期間
11月1日(木曜日)から平成30年12月21日(金曜日)まで※
 ※申請の状況によっては期限前に受付を終了することがあります。

5 募集件数
 150件
 ※当初予定していた50件から150件に拡大します。

6 応募方法
県ホームページから申請様式をダウンロードし、
必要事項を記入の上、提出先に郵送してください。
【提出先】 〒231-8588 横浜市中区日本大通1
 神奈川県産業労働局産業部エネルギー課
       太陽光発電グループ補助金担当宛
【申請様式】県ホームページからダウンロードできます。
 URL:http://www.pref.kanagawa.jp/docs/e3g/cnt/f300183/kanagawa-chikudenn.html

Share on Facebook



 

コメントをどうぞ