2018年7月21日

被災者へ県も公営住宅を提供

皆さん、こんにちは。きしべ都です。
西日本の豪雨の救援に
被災者を対象とした公営住宅等の一時提供が決まりました。
7月豪雨により自宅が全壊等により居住困難になった方を
対象とした一時提供住宅の受付窓口を設置して、
入居者募集を行います。
り災証明書の提出が必要です。
神奈川県住宅計画課
受付電話番号 045-210-6539
7月20日(金曜日)から
平成30年8月31日(金曜日)に
ご連絡ください。
入居から原則6ヶ月以内
家賃・敷金が免除されます。
共益費、光熱費等は入居者負担です。
神奈川県、県内市町(政令市除く)、県住宅供給公社の
86戸(政令市分除く)を予定しています。
詳しくは 
住宅計画課ホームページ 
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/zm4/index.htmlを

明日からは
避難所運営支援等に係る県職員の派遣の
第3陣が出発します。
今回も10名のかたが
岡山県高梁市に派遣されます、

24日火曜日からは
避難所における
保健指導、巡回訪問指導等を支援するため、
保健師2名、連絡調整員1名の方々が
愛媛県大洲市(おおず)に派遣されます。
酷暑で
避難所での
保健指導の必要性が
課題となっています。

横浜でも
連日の猛暑で
救急車の搬送が増加しています。
ましてや被災地での
この猛暑は
被災者の方々も
ボランティアの方々も
支援の方々にも
大変なご苦労です。

明日は
立憲民主党として
横浜駅での緊急街頭行動ですが、
被災地への義援金活動も
合わせて行います。

Share on Facebook



 

コメントをどうぞ