2018年5月6日

日華議連 台湾視察 その1 友好10周年記念

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
GWはゆっくりされましたか?
わたしもちょっとお休みいただいたり、
立憲民主党入党のご挨拶と
ポスターのはりかえにまわらせていただいたり、
あっという間でした。

4月24日から27日まで
県議会日華議連で
台湾視察に行ってまいりました。
何回かにわけてご報告します。

一日目は神奈川県議会・新北市議会との
友好交流協定提携10周年記念式典。
新北市議会から蔣根煌議長はじめ市議会議員 26名
新北市から李四川副市長他、行政経済関係者が
出席されました。
まずは新北市議会蔣議長と小野寺副議長による覚え書き調印
そして 蔣議長、小野寺副議長、松田議連会長、
李副市長 台日関係協会 謝副参事野ご挨拶です。
神奈川県議会は
新北市の前身である台北県議会と
友好交流協定を結んで以来、
2010年、台北県が直轄市として「新北市」に再編後も
姉妹議会として着実に交流を積み重ねてきました。
さらには2016年10月、
神奈川県と台湾・新北市、
行政機関においても、
防災、危機管理の体制の充実強化及び
高校生の交流促進のため、
それぞれの担当部局との間で
「防災に関する相互応援協定」及び
「高校生の相互交流推進に関する協定」が結ばれ、
教育、文化、産業、環境、防災と
行政レベルでも協定、交流を重ね、
とくに高校生の交流や防災相互援助など
すすめてきています。
今回の訪問で、
今後さらに多分野での友好交流を重ねていくことを
確認しあいました。

Share on Facebook



 

コメントをどうぞ