2017年11月1日

新しい党代表選出

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
総選挙の前から
党のあり方、方向について
ご心配いただいています。
昨日
民進党は
新代表選出の両院議員総会を党本部で開き、
同日13時までに唯一立候補を届け出た
大塚耕平参院議員の代表就任を承認しました。

今日、11月1日に特別国会が開かれることから、
「政治情勢等を勘案して特に必要があると判断し、
両院議員総会が承認するときは、
代表選挙規則に基づく選挙によらず、
両院議員総会において
代表を選出することができる」とする
党規約第12条6項、
「代表選挙の立候補者が1人である場合には、
党大会又は両院議員総会における承認をもって、
選挙に代える」とする
同8項の規定にもとづく選出となりました。
出席議員からは異議なしとの声とともに
大きな拍手で承認されたということです。

あいさつに立った大塚新代表は
「皆さまのご調整の
一本化をしていただいたものと思っている。
力不足は重々承知しているが、
誠心誠意、
代表の職責を果させていただきたい」
「民進党の再生に向けて
力不足の私をお支えいただけるよう、
心からお願いする」と表明するとともに、
台風被害に合われた
皆さまへのお見舞いの言葉を述べ、
1日からの国会でも
対応強化に力を尽くす考えを語りました。

党のあり方、
地方組織のあり方など
今後、議論すること
まだ整理が必要なこともありますが、
私は
県議会議員として
これまでどおり、
生活者の立場、働く者の立場で
地域の声、現場の声を
県政に伝え、反映させていきます。

Share on Facebook



 

コメントをどうぞ