2017年8月9日

長崎 72回目の「原爆の日」

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

9日、長崎は72回目の「原爆の日」を迎えました。
長崎市の平和公園では
「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が営まれ、
遠く横浜からも黙祷しました。

田上富久長崎市長は
「長崎平和宣言」で、
核保有国と「核の傘」に依存する
日本などの国々に、
核兵器に依存する安全保障政策の見直しを求めました。
先日の松井広島市長の平和宣言と重なります。
広島が会長都市の平和首長会議は、
世界で七四〇〇を超える都市で構成されてます。
市民社会からも
世界中の為政者が、
核兵器廃絶に向け、
「良心」に基づき
国家の枠を超えた
「誠実」な対応を行えるような環境づくりを求めています。

戦後72年を経て
被爆者の平均年齢は81歳を超え、
被爆の歴史を
どう受け継いでいくのか大きな課題です。

市内の爆心地公園では今年で活動20年目を迎える
核兵器廃絶を求める
「高校生平和大使」のみなさんが
集会を開き、黙とう、
原爆落下中心地碑周辺で手を取り合い、
人間の鎖を作リました。
高校生平和大使のみなさんは
それぞれ,地元で
核廃絶のための
署名活動を展開、
全国からその署名をもって集まっています。
若い世代が
自ら、歴史に学び、できることを
活動していることは
素晴らしいことです。

広島の平和記念公園の
慰霊碑には
「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」と刻まれています。

ご自身も被爆者である
雑賀忠義広島大学教授(当時)が撰文・揮毫したもので
浜井信三広島市長(当時)の
「この碑の前にぬかずく 1人1人が
過失の責任の一端をにない、
犠牲者にわび、
再び過ちを繰返さぬように深く心に誓うことのみが、
ただ1つの平和への道であり、
犠牲者へのこよなき手向けとなる」に準じたものと伝わっています。

このことばを
しっかりと
かみしめたいと思います。

Share on Facebook



 

コメントをどうぞ