2017年3月23日

津久井やまゆり園の基本構想策定は夏まで延期へ

みなさん、こんいちは。きしべ都です。

県は、
7月26日の津久井やまゆり園の事件をうけた
園の再生に向けては
現地での全面たてかえという方向性を決定し、
検討及び調整を進めてきました。

この間の厚生常任委員会はじめ議会での議論や
1月10日に実施した基本構想に関するヒアリング(公聴会)などを通じ
、障がい者団体、支援団体、関係者等から
「全面建て替え撤回」や「地域移行」、「分散化」など
多くの声が寄せられたことをうけ、
当初この3月に策定する予定の基本構想策定を延期しました。

今後の検討について
神奈川県障害者施策審議会において、
基本構想策定に関する部会を設け、
家族会や政令市、
障がい者団体等から、
ご意見をいただきながら、
専門的な見地から検討。
部会での検討結果を受け、
県としての基本構想(案)を作成し、
家族会、
地域住民及び障がい者団体等に説明し、
県議会に報告した上で、
夏頃を目途に策定する予定となりました。
また、入所者本人の意思確認についても、
どのような形で行うのが良いのか、
早期に検討していくこととなりました。

県障害者施策審議会でも
建て替え基本構想をめぐり
「単なる建て替え問題ではない。県のポリシーが問われる」
などの声が上がりました。
基本構想をまとめる過程において
様々ある意見を聞く、理解納得を求める過程こそが
重要です。

常任委員会でも
そこに至るまでの経過を丁寧に進めること、
事件を踏まえた神奈川県の
障がい福祉の推進をさらに図ることを求めました。

Share on Facebook



 

コメントをどうぞ