2015年9月26日

南区新庁舎へのバス交通アクセスの調整状況

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
浦舟町の南区新庁舎建設も進み、
来年1月30日には竣工記念式典が行われるそうです。
先日、懸案であった
新庁舎へのバス交通アクセスについて
バス事業者との調整の報告がありました。
市営ふくめ6系統でのアクセスとなります。

①西部からの直通便
南区西部から新庁舎までの直通便の新設については
シャトルバスとして試験運行が決まりました。

一年間の試行ということで
当初の市の補助なしには
難しいということから
前に進みました。

②79系統

平日の日中、1時間に一便程度
新庁舎に立ち寄る循環運航

③神奈中バス

横44系統が
平日の日中、1時間に一便程度
新庁舎に立ち寄る

④相鉄バス
旭4系統が
平日の日中、1時間に一便程度
新庁舎に立ち寄る

⑤⑥市営158系統・京急110系統

磯子方面行きが
新庁舎北側に設置されるバス停に停車

❍新庁舎バス停設置場所

移転が決まってから
このバスアクセスについては
いろいろご意見や要望をいただいてきました。
バス事業者も利用者減等
採算の面から
新設路線が望めない状況の中、
区や市、区民の声に応える形で
6系統のアクセスについて
回答がでてきたことに
ほっとします。
1時間に一便程度ではと
利便性からもご意見もあろうかと思いますが、
新庁舎に一番近くまで
いけるバスの確保ができたことは
担当の方々のご苦労のたまものと思います。
今後、
試行が本運航になるのか
1時間に1本から増えるのか
バス利用の数によって決まります。
区民のみなさんが
新たなバスルートをより多く利用していただくことも
大切です。
横浜橋商店街や
三吉橋演芸場
お酉さまや
お三の宮のお祭りなど
市外からもお客様がおいでになります。
みなさん、公共交通機関を使って
たくさん、南区に足をお運びください。




 

コメントをどうぞ