2014年1月30日

バイターンってご存知ですか?

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

田奈レンジャーで有名な
県立田奈高校に伺いました。
田奈高校は
県内3校のクリエイティブスクールの一つとして
学習支援
キャリア教育
地域の協働を
大きな柱にしています。

ちなみに田奈レンジャーっていうのは
田奈高校に出没する正義のヒーローです。
「学校を面白くしてやろうじゃないか」と
2007年以降体育祭や文化祭で
カラフルな衣装で
コントやダンスを披露、
生徒の人気者として
テレビや新聞にもとりあげられています。
低迷していた生徒の行事参加率は
田奈レンジャーの登場以降瞬く間にアップしたそうです。

今日は田奈レンジャーでなく、
田奈高校での先進的なキャリア教育の実践を伺いました。
田奈高校では3年間を見通したキャリア教育を展開していますが、
さらに校内に「キャリア支援センター」を立ち上げ、
在学中から卒業後もふくめ学校外の地域、企業、団体と連携、協働し
就労支援やキャリア相談を行い、
進路、再挑戦、困難、心配事などへのの相談に応じたサポートをしています。
相談体制では
田奈パスと呼ばれる相談室には
横浜市のサポートステーションと連携したキャリアカウンセラーとキャリアコンサルタントが
就職、進学、履歴書、面接指導、職務経歴書、労働相談、生活全般など
有資格者が専門的に対応します。
就労支援では
就業体験の機会として
保育・介護プログラムを行っています。
経済的な困難を抱えた生徒を対象として
働きながら資格を得られるプログラムで
末休みの就業体験、研修後のアルバイト
卒業後の採用で働きながらの資格取得でできるものです。
さらに
バイターン制度を行っています。
バイターンってご存知ですか?
私も初めて知りました。
生徒が企業内で教育的なインターンシップと
職業経験であるアルバイトを
合わせて体験する教育的有給職業プログラムです。
キャリア教育では無休で企業の職業体験「インターンシップ」はよく行われていますが、
バイターンは
インターンシップとアルバイトを組み合わせたもので、
無休で3日職場体験し、
面接の上、アルバイトとして有給で研修・職業体験をし、
卒業後の正規採用、アルバイト継続など就労へ向け支援するプログラムです。
バイターンの途中で離脱しても卒業後も次を探す手伝いをします。
学校だけでなく,NPOや行政、企業と協議体を組んで運営されています。

学校と学校外の社会資源とでの協働は
それぞれのエキスパートが役割分担しながら
生徒の成長を促し、支援し、
経済的自立、社会的自立へつなげるプロジェクトで
今後のキャリアプログラムのモデルとして
大変期待されるものです。

県の新しい公共支援事業として始められましたが、
学校外との協働や
校内の体制づくりなど
田奈高校がそれまでに作ってきた
キャリア支援体制がないゼロベースでは
どんなにいい企画であっても受け入れも実践もできなかったことでしょう。

子どもたちが抱える問題と真摯に向き合い、
目の前の子どもたちのニーズに応えようとする
田奈高校の取り組みは素晴らしいと思いました。

中野校長先生とキャリア支援センターの金澤先生

田奈パスは図書室に

学校図書室としても情報センターとしてもなかなかの図書室です。使い勝手も居心地もよさそうです。

キャリア相談室 かなり広いです。
見渡せるような昇降口を入ると談話スペース
掃除が行き届いています。生徒の登校前に校長先生始め先生方で環境整備されているそうです。
職員室前にはカフェのようなテーブル
先生への質問、学習相食べる姿もあるとか・・・・
校内に生徒の「居場所」を
多様に作ろうという工夫が感じられました。

 

改装が終わったばかりの体育館では
先生方が入口に手作りで履き替えスペースを製作中、
校内随所に、生徒のための心遣い
田奈レンジャーに示される先生方への生徒への愛情
たくさん感じられました。
生徒たちもきっと感じているのでしょうね。
校内で会った生徒さんたちも
笑顔とあいさつで迎えていただきました

翌日が高校入選の願書受付という
お忙しい中にも関わらず
丁寧に対応していただき恐縮です。
中野校長先生はじめ井原副校長先生金澤先生
ありがとうございました。




 

コメントをどうぞ