2013年9月30日

青春かながわ校歌祭

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

28日に紅葉坂の青少年ホールにて
第8回青春かながわ校歌祭が行われました。

平沼高校は第1部のトリを務めました。
110名を超える参加者数もすごいですが、
混声4部の合唱の力はすごい。
元合唱部やオーケストラ、ブラバンの方々はじめ
歌の力も音楽性も豊かな方々ばかりですが、なにより
平沼の先輩方の元気とパワーは素晴らしいです。
不肖、私もステージでともに歌わせていただきました。

今年の春に亡くなられた佐藤一夫先生へのオマージュとして
「大きな古時計」も歌いました。
吉田孝古麿先生の編曲で
混声4部の魅力にあふれています。

FBの平沼探偵団で動画で見られます。
うまくここにリンクを張れなくてすみません。

旧制中学校の校歌には
古語や漢語が多く、
理想や情熱の熱い想いがほとばしるようです。
100校計画のころのものは
現代詩のような口語体で
夢や希望が語られ、
合唱曲風になっていて
聞いていてもそれぞれの時代を感じさせ、本当に楽しいです。

校歌祭を通じて
校友会や同窓会が活発になったり、
母校や同窓の仲間との
かかわりができ、
現役高校生との交流もあり、
回を重ねるごとに参加が増えています。
校歌振興会、実行委員会の皆様
準備、運営、お疲れ様でした。ありがとうございました。

Share on Facebook



 

コメントをどうぞ