2012年4月28日

かながわ新人地方議員会議 発足

みなさん。 こんばんは。きしべ 都です。

よりよい地域をつくるため
真の地方分権確立のため
県内の新人地方議員の活性化を目指し、
研修・実践することを推進することを目的にした
「かながわ新人地方議員会議」が本日、設立総会を開催
7名の共同代表を選出しました。

県内13議会から75名。
神奈川県議会からは新人40名のうち27名が参加です。

2年間を目途に
今年は7回の研修会
来年は有志によるプロジェクトチームの活動などを予定

今日は記念講演として
「地方分権時代における議会の役割」をテーマに
元三重県知事・早稲田大学大学院教授の北川正恭さんに
お話しいただきました。
「議会から地方を変える」「地方から国を変える」
経済不況、財政難の中で、政治行政の役割が変わるなか、議会の役割もまた変わっていること。
主権者に対し、堂々と説明責任を果たせる議員になること、
そのために政策立案能力を高めることなどなど
短い時間で新人議員への期待を込めて熱く語っていただきました。
ありがとうございました。

その後
国家プロジェクト「環境未来都市」の選定と横浜スマートプロジェクトについて
横浜市温暖化対策統括本部、環境未来都市推進担当部長の庄司真憲さんに
説明いただきました。
環境と超高齢化対策の成功事例を創出し、地域活性化につなげようとする横浜の環境未来都市構想と
横浜スマートシティプロジェクトの概要を 伺いました。

スマートグリッドを礎とした新しい社会システムの構築をめざして
磯子や港北、みなとみらいでの実証実験、モデル事業が始まっています。
先日の東京ガスの視察で伺った磯子の集合住宅型スマートハウス。
エネルギーを作って、分け合う
HEMSでエコと快適性を両立させるなど
見学も可能ということでぜひ現地調査に行きたいと思います。

Share on Facebook



 

コメントをどうぞ