2011年3月21日

あたたかな善意に感謝!

今日は地下鉄弘明寺口にて、東北地方太平洋沖地震による被災地支援のための義援金募集の活動をしました。となりでは自民党の方々も同じく募金活動をなさっていました。
午後のミニ集会の予定のため、1時間ちょっとの活動でしたが、23875円になりました。
通り過ぎてから戻っていらしたり、お財布のなかの小銭を全部入れてくださったり、お店からわざわざ出てきてくださったり、みなさんのあたたかな善意をたくさんいただきました。ありがとうございました。

いただいた義援金は2区総支部から党本部で集約し、全額被災地支援活動に届けられます。神奈川県からのボランティア派遣や小口での物資の提供などが受け入れが整わない中、今、節電と義援金などできることのとりくみを進めていきましょう。昨日・今日のようにあたたかな天気だと暖房等も使わずに済み、節電にもなるし、ちょっとほっとします。でも、被災地はまだまだ寒さが続くようでみなさんの健康が心配です。

そんななか、ようやく神奈川県も被災地からの避難者受け入れの準備が整い、福島県の方々が岸根の県立武道館へ受け入れが決まったと発表されました。武道館は暖房設備がないため、介護・福祉等の対応が難しいようですが、最大200人分確保されるとのこと。他にも県営施設や県職員住宅など約200カ所、6万人の受け入れの準備が進められています。とりあえずでも、水や食料、トイレ、明かり、そして安全の確保が先決です。今日、弘明寺口の国大附属中の正門前は、ピンクの桜が日差しに映えて、とってもきれいでした。きっと、被災地から移動されてきた方々の目も楽しませてくれると思います。

Share on Facebook



 

コメントをどうぞ