南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

2019年10月 のアーカイブ

2019年10月21日

キングの塔 国の重要文化財に

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
昨夜のラグビー、南アフリカ戦
大変残念でしたね。
日本チームのベスト8進出の快挙と
それにいたるまでの
選手、スタッフ、関係者の
努力と尽力に感謝です。

さて、キングの塔として
日頃から親しまれている
神奈川県庁の本庁舎が
新たに国の重要文化財の指定を受けることになりました。
10 月18 日(金曜日)の国の文化審議会文化財分科会の
審議・議決をうけ、新たな指定が文部科学大臣に答申されたものです。
今後、官報告示をもって国指定重要文化財(建造物)に指定されます。
これまでも
すでに重文指定を受けている
開港記念会館(ジャックの塔)と
横浜税関(クイーンの塔)、
キングの塔をあわせて横浜三塔として
ミナト横浜の観光のシンボルとして親しまれてきました。
これまで以上に
維持管理、そして幅広い活用が求められます。

今回の新規指定で
県内の国指定重要文化財(建造物)は、
累計で55 件(国宝を含む。)となりました。

以下、県のHPから転載です。

県庁本庁舎
所有者 神奈川県
年代 昭和3年
数量 1棟
 (附(つけたり):東自動車庫1棟、西自動車庫1棟、
           外塀1基、建築図面230枚、建築模型1基)

特徴等
神奈川県庁舎は、横浜港の近く、日本大通りに面して建つ。
公募による設計競技(コンペ)で一等となった
小尾嘉郎(おびかろう)案をもとに、
県庁舎建築事務所が実施設計を行い、昭和3年に竣工した。
先代の庁舎が関東大震災で大被害を受けたため、
耐震・耐火に優れた鉄骨鉄筋コンクリート構造を採用した。
官公庁舎として、その最初期の例である。
象徴的な塔をもつ庁舎建築の先駆であり、
内装には和風を基調とした優れた意匠を見せる。
また、戦前の設計競技としては、多数の応募があり、
一等案を踏襲した実施設計図面や模型等、
設計競技から竣工に至る一連の資料が
保存されていることも価値が高い。
「キングの塔」の愛称で親しまれ、
現役の庁舎として使用されている。
地方官公庁建築の発展において、
構造と意匠の画期を示す建物として重要である。

基準 国宝及び重要文化財(建造物)
    指定基準1号及び2号(意匠的に優秀なもの、技術的に優秀なもの)

問合せ先

Share on Facebook

2019年10月20日

城山ダム「緊急放流」 建設企業常任委員会開催

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
16日に第三回定例会の前半を終了しました。

県として台風19号の被害の全容を調査中ですが、
先の台風15号について
急きょ追加の補正予算が提出され、
午前中に本会議
午後、付託事項の委員会審議、
それから本会議採決となりました。

今回の台風19号では各地の河川の氾濫、
堤防の決壊が大きな話題になっています。
神奈川県でも異例の豪雨、降雨量に
城山ダムが建設以来初めての
「緊急放流」を行いました。
未だ、被害の全容については
調査中ではありますが、
この城山ダムの「緊急放流」をめぐって
建設企業常任委員会も
急きょの開催となり、
わたしも質問に立ちました。
事前の予備放流、
流域市町との声までの訓練、
当日の放流決定に至る経緯
現在の城山ダムの状況など
質問しました。

台風接近に伴い、降雨のます中の
ダムの緊急放流は
下流の流量が増えることから
下流域のみなさんの不安は大きく
幸いにして
今回の放流は
下流域に大きな被害は出すことはありませんでした。
しかし、
審議の中で
どの委員からも
流域市町、 住民への情報伝達について、
質問が繰り返されました。
質疑の中では、
ダムの機能を最大限使うことで
流域への影響を最大限おさえるというなか、
降雨と今後の予想
刻々と変わる水位を管理しながら
いったんは放流を延期し、
その後、降雨の推移から
放流を決断した
緊迫した状況が明らかになりました。

以下、
委員会の審議の中で
明らかになった
当日の様子です。

台風19号上陸に警戒態勢で備え、
記録的雨量が予測されたため
11日14時から 予備放流を開始。
12日午前中 、開閉ゲートで放流できるぎりぎりまで
          水位を下げる。
城山ダムの建設時の流入量の最大にたいし、
台風19号の流入量は遙かに多く、
1時間で1.2mのペースで水位が上昇し、
ダム容量の限界水位に達すると見込まれ、
城山ダム管理事務所から承認申請があり、
神奈川県県土整備局長の権限で、
12日17時の「緊急放流」が決定。
12日2時に流域市町に連絡
その後、 一時降雨が弱まり、
ダム流入量、容量を注視して、
延期を発表。
20時 台風最接近 1時間で1.65mと水位が急増し、
いよいよ限界に達し、
22時の「緊急放流」を連絡
その直後 ダムが切迫した危険な状態になり
22時の放流を前倒し
21時半 「緊急放流」を実施

この事前の市町への連絡については
県の「城山ダム放流要領」において
緊急放流の3時間前及び1時間前の2回、
下流域の自治体
相模原、平塚、茅ケ崎、厚木、海老名、座間、寒川、愛川
各市町に連絡するよう定めています
毎年5月に 県と各市町と伝達訓練を行い
今年からは緊急r連絡用のホットラインも設置し、
緊急時に備えてきていました。
今回、最初の17時放流は
できるだけ早くに伝達、避難のよびかけをと
14時段階でしたが、
延期後の放流直前では
22時の連絡が20時過ぎ
30分前倒しの21時半の時には
ほぼ同時でした、
それだけ、
難しいダム操作であり、
判断であったと。
21時30分から緊急放流を開始し
13日午前1時15分に終了.
相模川は水位が下がりつつあり、
氾濫などの被害はありませんでした。
審議の中で
「今後緊急放流までの手順や伝達方法、
 情報発信を検証し、
住民の安全安心を第一に、
 見直すべきものは見直していきたい」との答弁がありました。

今回は委員会開催30分前の
資料の提出で
質疑も緊急放流の
一点に絞ったものでした。
今後
台風被害の全容報告合わせ、
調査、審議をすすめていきます。

Share on Facebook

2019年10月18日

中小企業のみなさんへ特別相談窓口の設置・特別支援融資の融資対象を拡大

みなさん、こんにちは。きしべ都です。.

今回の台風第19号は、
記録的な大雨をもたらし、
県内19市町村に災害救助法が適用され、
国は、
セーフティネット保証4号の発動を決定しました。
今回の台風による被害により、
今後、県内中小企業・小規模企業の
経営の継続や資金繰りに支障を来たすおそれもあります。
そこで、県では、
関係機関と連携して特別相談窓口を設置するとともに、
県中小企業制度融資の
「特別支援融資」の融資対象を拡充して、
台風第19号で被害を受けた県内中小企業等を支援します。
.
1.特別相談窓口の設置
  事業者の皆さまからの資金繰り等の相談に応じるため、
  金融課、(公財)神奈川産業振興センター及び
  神奈川県信用保証協会に、
  それぞれ特別相談窓口を設置しました。
  また、被災地域の
  県内商工会・商工会議所でも特別相談窓口を設置しました。

2.特別支援融資の融資対象を拡充
  県では、中小企業制度融資
  「令和元年台風第15号特別支援融資」の融資対象を拡充し、
  台風第19号により被害を受けた県内中小企業者等を対象に加えます。

「令和元年台風第15号・第19号特別支援融資」の概要
  「令和元年台風第15号・第19号特別支援融資(一般枠)」
   「令和元年台風第15号・第19号特別支援融資(別枠)」
  融資対象者 令和元年台風第15号又は第19号により
           設備等の破損・遺失等被害を受け、
           り災証明書が発行された中小企業者等
           台風第15号又は第19号による災害に関して、
           セーフティネット保証4号の市町村長の認定(※)を
           受けた中小企業者等
資金使途 設備資金及び運転資金
       融資限度額 2億8,000万円
融資期間
設備資金:15年以内
運転資金:10年以内(据置期間2年以内)

相談開始日 令和元年10月16日(水曜日)

Share on Facebook

 

神奈川県議会議員 きしべ都

アーカイブ
最近のコメント