南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

2018年5月 のアーカイブ

2018年5月10日

麻しん(はしか)の流行に注意してください!

みなさん、こんにちは。連休明けからの荒天
肌寒い位の日が続いています。
体調管理にお気をつけください。

ところで今年は春初めから
麻しん 「はしか」がはやり始め、
多く取り上げられています。
県も注意喚起しています。
県のHPをご参照ください。
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/mashin/0423.html

麻しんは例年春から秋にかけて流行し、
感染力が非常に強いことが特徴です。
2歳未満の小児で発症が多く見られ、
感染すると約10日後に
発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。
2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出現します。
肺炎、中耳炎を合併しやすく、
患者1,000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。
死亡する割合も、先進国であっても1,000人に1人と言われています。
その他の合併症として、
10万人に1人程度と頻度は高くないものの、
麻しんウイルスに感染後、
特に学童期に亜急性硬化性全脳炎(SSPE)と呼ばれる中枢神経疾患を発症することもあります。
近年は麻しん含有ワクチンの2回接種が行われ、
麻しんに感染する方の人数は減っています。治療は対症療法が中心で、
合併症を起こさなければ、通常7から10日程度で回復します。
しかし、肺炎、脳炎、中耳炎などの合併症が
致命的となりうるのが、麻しんの怖いところです。

麻しんは、過去の推移を見ると、
平成19・20年に10~20代を中心に大きな流行がみられましたが、
平成20年より5年間、中学1年相当、高校3年相当の年代に
2回目の麻しんワクチン接種を受ける機会を設けたことなどで、
平成21年以降10~20代の患者数は激減しました。

近年では、患者発生の中心は
20歳以上の成人と、ワクチン接種前の0~1歳となっています。
また平成22年11月以降のウイルス分離・検出状況については、
海外由来型のみ認めており、
平成19・20年に国内で大流行の原因となった遺伝子型D5は認めていないそうです。
平成27年3月27日、
世界保健機関西太平洋地域事務局により、
日本が麻しんの排除状態にあることが認定されました。
かつては毎年春から初夏にかけて流行が見られていましたが、
排除後は、海外からの輸入例や、
輸入例を発端とした集団発生事例を認める状況となっていました。

ところが、
今年3月23日、沖縄県内を旅行中の観光客が麻しんと診断され、
それ以降、沖縄県内で麻しんの患者の発生が続いています。
また、愛知県から、
3月28日から4月2日の期間に沖縄県に旅行歴のある方の、
麻しん患者の報告がありました。

麻しんは感染力が非常に強く、
空気、飛沫、接触感染により人から人へと伝播し、
感染が広がる恐れがあります。
風邪などのように,マスクやうがい,手洗いでは予防にならず、
麻しんを予防するには、
麻しんワクチンの予防接種が有効といわれています。

予防のためには、ワクチン接種が極めて重要です。
お母さんから受け継いだ抗体(免疫)の効果が消失する
1歳を過ぎたら、速やかに接種することが推奨されています。

今まで、麻しんにかかったことが無い方、
麻しんのワクチンを接種したことが無い方は、
かかりつけ医に相談してください。


2018年5月6日

日華議連 台湾視察 その4 日台の歴史  宜蘭県議会表敬訪問

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
台湾視察の4日目は
日台の歴史 初代宜蘭県長官 西鄕菊次郎の足跡を訪ねました。 
まず、宜蘭県宜蘭河の中山橋西側にある
『西郷庁憲徳政碑』を見学しました。
海以外三方を山に囲まれた宜蘭県は肥沃な土地ですが、
古くから宜蘭河の洪水,氾濫に悩まされてきました。
1900年に初代宜蘭庁長として赴任した西郷菊次郎は
公衆衛生、医療、行政、学校設置、鉄道敷設と
宜蘭のまちづくりに尽力しました。
なかでも西郷堤と呼ばれる堤防、治水事業は
台湾総督府と粘り強い交渉の末、巨額の補助金を引き出すことに成功、
1年5か月の歳月と巨費をかけた13.7キロメートルの
宜蘭川堤防は01年9月に完成。
宜蘭河の洪水は二度と起きなくなり、暴れ川の汚名を返上しました。
住民の長年の課題は解決され、
今も広い河川敷は市民の憩いの場、スポーツ公園になっています。
のちに『西郷庁憲徳政碑』と刻んだ石碑が設置され、菊次郎を顕彰しています。
戦後、不明だった碑は1990年に発見され
宜蘭県文化局により中山橋横の堤防上に移築されました。
  
次に宜蘭設治紀念館(元宜蘭庁長官舎)を見学しました。
日本の台湾統治時代の歴代地方長官の官邸が
宜蘭市によって復元新築されました。
台湾でも経済成長による急激な開発を受け、
古民家や歴史的建造物の保全は大きな課題であり、
宜蘭政治史に欠かすことの出来ない
日本統治時代の宜蘭庁長官舎を保全、活用することになったそうです。
官舎は、800坪の敷地に74坪の和洋折衷の平屋建てで
幹部職員や校長の住宅と共に残っていたものを修復、
初代長官の西郷菊次郎の資料、文書等も公開、
映像による宜蘭の歴史紹介もあり、
宜蘭市が伝統、歴史、文化の保存、継承に力をいれていることが伝わリました。

宜蘭県議会では休会中にもかかわらず、
林 棋山 副議長
陳 茂琳 秘書長におでむかえいただき、
宜蘭県の概要
宜蘭県政センター中央公園について
宜蘭県議会について
説明をうけ、意見交換しました。
宜蘭県は,新北市の南、台湾の東北で
台湾の中で日本に一番近く、台湾第6の都市で、
海と山と温暖な気候、降雨にめぐまれ、
農林水産業はもちろん、台湾オペラ発祥の地として
芸術、文化にも力をいれ、その伝統や文化を観光にもいかしていこうとしています。
今回伺った県議会の施設は県庁や地方法院と
中央公園内に県政府の重要な公共施設を
「空間新民化」「環境公園化」「地域特徴化」の三原則で配置、
県議会の広いロビーは市民に解放され、
イベント、ギャラリーとしても使われているそうで、
各施設を通じて
コミュニティ、美観、機能の融合を図っているそうです。
特産の県産台湾ヒノキの内装の県議会棟も大変立派ですが、
議場スクリーン、各机上にパソコンが置かれ、
議決は正面スクリーンに即時表示されるようになっており、
傍聴席は議員席に近く
神奈川県よりIT化は進んでいると感じました。
副議長からは
丁寧なご挨拶と今後の交流、友好について
お話しいただきました。
宜蘭県の姉妹都市は山形県で、
観光・教育・農業の分野で
協力と交流を推進する「友好都市提携協力覚書」を締結しているとのことでした。


2018年5月6日

日華議連 台湾視察 その3 新北市の文化・観光施策

みなさん、こんにちは、きしべ都です。
日華議連 台湾視察 その三日目です。
新北市の文化・観光調査は
まず、金宝山鄧麗君記念墓園。
お墓が観光になるのか
疑問をもちつつ
金峰山に向かいました。 
1995年 急死したテレサテンの墓園ですが、
周囲は芸術的景観をもつ現代的な墓園で、
山を背に広々とした敷地から野柳地区一帯が一望できます。
テレサテンの墓園は周囲が整備され
「テレサテン記念公園」と称され、命日には記念行事が催されています。
火葬が基本の台湾で、土葬されているのは、
蒋介石と蒋経国(蒋介石の子、6、7代中華民国総統)とテレサ・テンの3人のみ
特別な存在だそうです。
日本でも歴史上の偉人や功労者の墓、顕彰碑など
文化史跡、観光地として誘客を図っていますが、
芸能人の墓地についてはこういった観光地化はあまりされていないと思います。
が、遺族、関係者の了解の元
没後も慕う人々に公開され、長く人々の記憶に生き続けることもあることを感じました。
郊外の山中ではあるが、路線バスもあるというくらい、
20年以上たっても人を呼び込む力をもつ偉大なアーティストであり、
墓地ではありますが、
観光地として台湾だけでなく、アジアを中心とした内外からの訪問が絶えず、
お墓参りを組み込んだ観光ツアーもあると聞きました。
新北市の観光の大きな拠点でもあります。
歴史、景観、建築といったハード面でない
文化面、ソフト面での観光誘客の参考としたいと思います。

文化・観光調査は野柳地質公園です。 
野柳地質公園の奇岩は世界奇観の一つとされ、
海岸が延びている方向と地層及び構造線の方向は、
ほぼ垂直状態。
海水による侵食、岩石の風化、海と陸の相対的な運動、
地殻の運動などの地質作用の影響で、珍しい地形が形成されました。
奇形岩がたちならび、自然が生み出すアートと言われています。
自然景観地、また、海岸地ということで
保全・安全に非常に配慮されていました。
とくに保護のための赤い線が引かれている先は立ち入り禁止区域で
警備員が配置され、少しでも踏み入れると厳しく注意されます。
海岸というかがけ地でもあるので
こうした人による安全策は
人件費もかかりますが、
貴重な自然岩の保存のためにも
必要な経費と考えられています。
人気のある女王の頭は後、数年で首が折れてしまうとも言われ、
写真なども制限エリアを作っているが、
一方で園路に記念写真用にレプリカも用意してあり、
訪問客へのサービスが感じられます。
多言語の案内板やパンフレット、分かりやすい案内標識、
歩きやすい歩道,手すりなどの整備で
小さい子から高齢者まで楽しむ工夫されています。
園内にはQRコードでの案内ガイドのアプリ紹介もありましたが、
バージョンが古いためなのか読み込めず、
使えなかったのが残念でした。
近年、中国からの観光客が減ったことへの対策として、
4月から5月までライトアップを施し、
夜の観光にも力をいれ誘客を図るなど新たな工夫を行っています。
案内灯はありましたが、
歩道から岩場へいったときの安全面対策など
気になりましたが、現地では確認できなかったです。
台北辺りでは小学校の遠足はこの地に来ることも多いらしく、
たくさんの子どもたちがクラス毎にガイドさんの説明を聞いていました。
園内に地形形成の過程などの説明板が多数有り、
学術面での情報も多いのはいいと思いました。
同様の地質公園として
視察の数日前まで日本の秋芳洞など
友好地域の公園の展示もされていたそうで、
HPでも秋芳洞とはリンクもあってあり、
日本との相互交流も行われていますが、
まだまだ、日本での知名度は低いと思われます。
台湾では有数の観光地とのことですが、
台北郊外にある上、アクセスはあまりよくなく、
長距離バス等の利用では結構時間がかかりることも
日本からの観光が他に比べ少ない要因かと感じました。
台湾は外交上の課題も多いですが、
ユネスコに加盟していないため、
ユネスコの事業である世界ジオパークを標榜できないことは
広報上、観光誘客でハードルとなっているようにも感じました。
青い空とひろがる海岸線、
ふしぎな形の岩岩、
台北の街並みや九分などとも違う
自然の景観はすばらしく、
その見せ方、安全対策,とくにユニバーサルなサービスは
神奈川野観光の参考になりました。

午後から新北市を離れ、宜蘭県へ移動しました。
文化・観光調査の3つめは 国立伝統文化中心(国立伝統文化センター)です。  
国立伝統芸術センターは、
五結郷冬山河の下流近く、有名な冬山河親水公園のそばに
2002年1月に設立され、
古い建造物を移設したり
伝統芸能や技術を展示,演目を常時上演したりすることで、
伝統芸術の人材育成を担い、
伝統芸術の調査研究、 保存継続と発展、創出などの業務を行っています。
広大な敷地内には、2館の展示館、戯劇館、
3街の伝習街、民芸街、臨水街、
1廟の文昌祠を配置し、
民間の伝統文化の保存に
演劇、音楽、舞踏、工芸、雑技などのテーマにそって、
21の建物と景観エリアが設置され、
その中では伝統技能を持つ職人が古くより伝わる文化を披露、
京劇・布袋劇といった台湾伝統芸能は月ごとに演目を変え、
台湾各地の伝統芸能や工芸、文化を総合的に紹介しています。
古い街並みや古建築の移設により、「見て・触れて・楽しめる」に
「感じる,包まれる」といった環境を提供し、
広大な敷地を活かした「民族、歴史、生活、文化の体験的展示」の
テーマパークを形成しています。
「歴史的なものは、保存し活用してこそ、
その価値が検証され、生命が続くのです」と言うことばを
体現した施設であると感じました。
街並み、季節毎の行事や祭りまで再現しており、
伝統芸能や民族文化の啓発や継承、体験の大規模な施設です。
各地方や町に点在している民芸や手工芸品など
台湾の物産の紹介をすること手工業の活性化も図っています。


 

神奈川県議会議員 きしべ都

アーカイブ
最近のコメント