南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

2016年7月 のアーカイブ

2016年7月31日

津久井やまゆり園

 7月26日早朝、
 県の指定管理施設である県立津久井やまゆり園に元職員と見られる男が侵入し、
 多数の利用者を殺傷するという大変痛ましい事件が発生しました。
 犠牲になられた方々をはじめ、ご家族及び関係の皆様には、
 心より哀悼の意を表するとともに、
 負傷された方の一日も早いご回復をお祈りいたします。
 
 この事件について、
 神奈川県では29日に知事や関係局長、警察本部長等をメンバーとした
 再発防止対策会議が開催、
 ○正確な事実関係の把握 
 ○入所者やご遺族、ご家族、職員への支援 
 ○園の機能回復に向けた取組み
 ○再発防止に向けた課題の整理
 について話し合われました。

 マスコミ報道が先行し、
 詳細について連日さまざまなことが報道されています。
 わたしもまだ、県の記者発表や記者会見等でしか
 詳細を知りえません。
 この件について
 厚生、防災警察の常任委員会が
 急きょ、開催されることとなりました。
  
 被害にあわれた方々、ご家族はもちろん、
 被害にあわれなかった利用者の方々への対応も
 きちんと行われなければならないと考えます。
 事件後、被害にあれわなかった利用者の方々は
 男性利用者64 名が体育館、被害のないホームで、
 女性利用者44名は全員がゆめホームで過ごされているそうです。
 短期入所利用者の方6名は、自宅に帰宅されました。
 その後
 7月29日時点では男性5名、女性9名のかたがたが他の施設へ移動され、
 15 名が自宅へ 帰宅されたそうです。
 現在、園には 92 名の利用者がいらっしゃいます。
 日々のケアに加え、心のケアなど配慮した対応が必要です。

 職員の皆さんも被害者であり、
 元の職員の凶行に
 動揺もされていると思います。
 それでも
 日々の生活を、ケアを普段以上に
 心を配られて勤務されていることに
 頭が下がります。

 事件の詳細も大事ですが、
 障がいのあるかたがたへ
 不安をすこしでも
 軽くすること
 障がいにたいする
 差別や偏見をふっしょくする
 ことが大事です。
 施策について
 今後検討されていきますが、
 事件について
 障がいについて
 語られるときに
 障がいのあるなしにかかわらず、
 ともに生きる姿勢や
 共生の重要性が
 少ないことに危惧を覚えます。

 
 
ネットで 
全国「手をつなぐ育成会」のメッセージが
紹介されていました。
今、
本当に
聞きたいことでした。
私自身も
このことばに力をもらいました。

長い言葉ですが、引用させていただきます。

「津久井やまゆり園の事件について
(障害のあるみなさんへ)

7月26日に
神奈川県にある「津久井やまゆり園)という施設で
障がいのある人たち19人が、殺される事件が起きました。
容疑者として逮捕されたのは。施設で働いていた男性でした。
なくなった方々のご冥福をお祈りするとともに、
その家族にはお悔やみ申し上げます。
また、けがをされた方々が、一日も早く
回復されることを、願っています。

容疑者は、
自分で助けを呼べない人たちを
次々におそい、傷つけ、命をうばいました。
とても残酷で、決して許せません。
たくなった人たちのことを思うと
とても悲しく、悔し思いです。

容疑者は「障害者はいなくなればいい」と 話していたそうです。
みなさんの中には、
そのことで 不安に感じる人も たくさんいると思います。
そんなときは、身近な人に 不安な気持ちを 話しましょう。
みなさんの家族や友達、仕事の仲間、支援者は、
きっと 話を聞いてくれます。
そして、いつもと同じように 毎日を過ごしましょう。
不安だからといって、生活のしかたを 変える必要は ありません。

障害のある人もない人も、
私たちは 一人ひとりが 大切な存在です。
障害があるからといって 誰かに傷つけられたりすることは、
あってはなりません。
もし誰かが「障害者はいなくなればいい」なんて言っても、
私たち家族は 全力でみなさんのことを 守ります。
ですから、安心して、堂々と 生きてください。

平成28年7月27日

全国手をつなぐ育成会連合会 
会長 久保 厚子」

Share on Facebook

2016年7月12日

参議院選挙が終わりました。

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
怒濤の6月から
そのまま
参議院選挙が始まり、
活動報告はfacebookばかりになってしまい
大変失礼しました。
10日に参議院選挙が終わりました。
神奈川選挙区では
応援していた
かねこ洋一さんは惜敗。
おなじく民進党の
真山ゆういちさんが
議席を確保しました。
全国比例では
応援していた
なたにや正義さんが
当選、
教育代表として
3期目の議席を死守してくれました。

以下
党本部の声明を添付します。

参議院選挙結果を受けて(党声明)
民 進 党

民進党は第24回参議院議員通常選挙において、改選前議席を減らしたものの、前回参
院選からはほぼ倍増する結果となりました。しかし、目標として掲げた与党の改選過
半数阻止を果たすことができませんでした。ご支持、ご支援をいただいた全国の皆様
に心より御礼を申し上げますとともに、ご期待に応えられなかったことにお詫び申し
上げます。

この選挙では、民進党は経済政策の転換や平和主義の堅持を重ねて訴えてまいりまし
たが、これが国民に十分浸透するに至りませんでした。これは私たちの力不足であ
り、国民のご期待を受け止めきれることができませんでした。民進党は今回の結果を
厳粛に受け止め、党勢回復に向けて一層の努力を行ってまいります。

一方、今回の選挙では市民が中心となり、これに賛同する政党が集まるという新しい
民主主義の形が始まったと受け止めています。この流れを止めることなく、さらに力
強くしていかなければなりません。

今回の選挙結果を受け、安倍政治がさらに暴走を加速することが考えられます。民進
党は国民生活を守る、我が国の平和主義を守るという立場をしっかりと堅持し、国民
の理解を得ながら、しっかりと暴走に歯止めを掛けていきます。何より、国民の皆さ
んと真摯に向き合い、その言葉に耳を傾けてまいります。

「国民と進む民進党。」党名に込めた私たちの原点を忘れずに、国民の立場に立った
政治を実現してまいります。
以上

Share on Facebook

 

神奈川県議会議員 きしべ都

最近のコメント