南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

2015年5月 のアーカイブ

2015年5月31日

今年も 鎌倉歩きの会 開催します

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

ふもと市議との共催で行ってきた 鎌倉歩きの会 も
4回目となります。

今年は選挙もあったため、時期をずらして
6月20日に行います。
1.日  時  6月20日(土) 9:45~15:30 小雨決行
2.集合場所・コース
          鎌倉駅…大巧寺…琴弾橋…妙本寺…教恩寺…大町会館(昼食)…八雲神社…安養院解散

以下、大貫先生のコース紹介のことばです。
          鶴岡八幡宮の南に広がる小町は、昔は武家の居住地でした。
          対照的に大町は商人や職人が暮した町でした。
          あれから800年を経た今も、
          小町にはお屋敷町の風情が残り、大町は庶民の熱気を感じさせます。
          町の中に点在する寺も
          民衆が信仰を寄せた宗派である浄土宗や時宗、日蓮宗で占められています。
          大町は、安房からやってきた日蓮が、
          最初に庵を開き辻説法を盛んに行なった所ですから、
          日蓮寺院が軒を連ねています。
          これらの寺には、歴史が生んだ物語が残っています。
          町に住む庶民が、語り伝えたものでしょう。
          たとえば大巧寺には怪談が、
          妙本寺には比企氏滅亡の悲話が、
          教恩寺には平家物語の一節が残っています。
          午後訪ねる安養院にも、人丸姫の物語が伝わります。
          雨模様の季節です。
          大きな寺の軒下で、また路地奥の密かなお堂の中で、
          所を変え、雰囲気を変えて、歴史秘話でも御紹介しましょう。
          歴史、文学、仏像美術、建築…。
          鎌倉は、いろんなテーマで楽しめる町ですが、
          今回は物語を切り口にして楽しんでみましょう。

3.費  用 2,500円(含昼食代・拝観料・保険料・資料代・講師料) 
          ※当日集金させていただきます。    
4.申し込み締め切 6月17日(木)
          FAXでお申し込みください。お電話・郵送でも受け付けています。きしべ事務所まで

Share on Facebook

2015年5月31日

今年も県庁で結婚式 募集中

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

今日で5月もおしまいですね。
昨日今日と県庁公開されましたが、
みなとみらいや山下公園でのイベントと
重なり、大盛況だったようです。

先日も
国の有形文化財にも登録されている
大会議場での結婚式について
聞かれましたが、
今年もまた
大会議場での結婚式の募集が始まりました。
昨年秋からこれまでに、
県民の方6組の結婚式が大会議場で行われたそうです。

使用日は 10月25日(日曜日)
午前、午後で一組ずつ2組の募集です。

5月29日(金曜日)から6月18日(木曜日)までに
お申し込みください。

応募資格は
挙式をされる方のどちらか一方が県内に住所がある方
婚姻届を提出予定の方又は既に提出した方
です。
   
詳しいことは
県のホームページ上(http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f530771/)をご参照ください。

県庁に親しみを持っていただく上でも
大会議場という場ではありますが、
意匠をこらした歴史的建造物として
風格のある場所です。
一生の記念日に
いかがですか?

Share on Facebook

2015年5月29日

箱根は緑のシーズンに。  現地調査報告

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

昨日は、4月末から
火山性地震が続く箱根山・大涌谷現地調査に参加しました。

まずは、湯本の箱根町役場を訪問。
箱根町からは勝俣副町長はじめ総務部長、企画観光部長、観光課長、防災対策室長など
また、箱根町観光協会からは高橋専務理事、
箱根温泉旅館協同組合からは倉田副理事長、事務局長の関係者の皆様にご出席いただき、
ヒアリングと意見交換をさせていただきました。

5月6日に気象庁が噴火警戒レベル2に引き上げてから、
大涌谷周辺半径300mの立ち入り禁止が続いていますが、
立ち入り規制区域は全体の0.3%に過ぎないこと、
区域以外の箱根町では通常の生活が行われていること
箱根町では人命の安全を第一としながら、
正確な情報、旬な情報を発信していきたいこと
など伺いました。

県の箱根に特化したふるさと旅行券のPR、
休業事業者を支援する 雇用調整助成金の緩和など
要望もいただきました。

今回のように
噴火災害が起こる前に
立ち入り禁止区域を設定する規制をしたケースは全国でも初めてです。
町からも全国のモデルケースとして
しっかとりくんでいただきたいとご意見いただきました。

午後は、
神奈川県温泉地学研究所に伺いました。
里村幹夫所長から箱根の火山についての説明はじめ
大涌谷周辺の噴気活動が4月末以来活発になっている現状を伺い
里村幹夫所長にもご案内いただき、現場を見渡せるポイントまで行き、
周辺の調査をさせていただきました。

ここ数日にない噴煙の量ということでした。
私たちが立っている場所は規制地域外なので離れているのですが、
ジェット機のような音が聞こえました。
自然の音ではなく、
地中深く埋められた円筒状の中を
噴煙が抜けるため
笛のような役割をしているそうです。

おりしも鹿児島の口永良部の全島避難のニュースが流れていますが、
地域や状況も違うことをふくめ
箱根では
規制地域以外は
全くの平常であり、
安全対策も取っていることで
安心して
つつじや緑、
これからのあじさいを楽しんでいただきたいと思います。
ロープウエイ運休に伴うバスの運行で
箱根の周遊もできるようにしていくとのことでした。

Share on Facebook

 

神奈川県議会議員 きしべ都

最近のコメント