南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

2013年3月 のアーカイブ

2013年3月25日

10年前の臨時特例企業税に違法判決

みなさん、こんにちは、きしべ 都です。

3月21日に2001年に県が自治体の独自課税として行った
臨時特例企業税についての訴訟の判決がで、
この臨時特例企業税について 無効 違法と判決が出ました。

県や市などの地方自治体は
独自に制度を作って税を集めることができる課税自主権をもっえいます。
神奈川県では2001年、岡崎知事時代に、
この課税自主権を活用して県独自の法定外普通税として臨時特例企業税を創設しました。
県内に事務所があり、資本金5億円以上で、
当期利益をあげながら、欠損金の繰越控除を 適用し、
法人事業税を納めなかった法人を対象としました。
2001年から廃止された2009年までに
累計で約1700社から約480億円納税されました。

21日の最高裁の判決では
地方税法の規定に反し、違法・無効であるということです。
県は最終的な司法判断を受け止め、
納付済みの税額に還付加算金に相当する額を加算して返還します。
県にとって税収よりも多い額を返還することとなりました。
その総額は約635億円!!!
県の貯金である財政調整基金を取り崩すこととなります。

国(総務省)の同意も得ながら制定した条例に基づく課税が全面的に否定されたことは、
大変遺憾であり、残念です。
今後の地方分権の推進や地方自治体の課税自主権の推進への影響が危惧されます。

県議会としても国に対し地方税財政制度を根本的に見直すことを求める意見書を提出したところです。

 

 

 

Share on Facebook

2013年3月21日

厚生常任委員会終了

みなさん、こんにちは。きしべ 都です。

ひさしぶりの活動報告です。
間が空いてすみません。

18日に厚生常任委員会 4日目が行われました。

きしべ都も
汐見台病院の分娩解除両党の改定について
障害福祉施設における虐待の未然防止について
緊急財政対策における県有施設の在り方について
質疑いたしました。

今年所属した厚生常任委員会では
医療福祉の関係9つの計画の改定、新策定をかかえ、
看護師養成
ポリオワクチン
生レバー、脱法ハーブ
子ども子育て新システム
緊急財政対策をめぐる出先機関、県有施設の見直し

など課題の多かったです。
委員会がいつも予定時間を超え、
深夜まで続いた事も・・・。

時間も足りませんでしたが、
自分の力量も不足を感じました。
十分な審議を重ねられたか、
反省することが多いです。

今回は ご意見や要望をお寄せいただきことも多く、
事務所においでいただいたり、
メールやお手紙、ファックスをいただいたり、
みなさんの声を聞くことができました。
衛生看護学校はじめ
県有施設の視察もさせていただきました。
現場をみることで
直接、県民の方々、関係者の話を聞くことで分かったことがたくさんあります。

計画や条例に
しっかり、みなさんの生活が反映され、役立つものとなるよう
誰のための計画か、今日の、明日の暮らしの役立つ施策か
地域や現場に根ざして取り組んでまいります。

 

 

Share on Facebook

2013年3月7日

エネルギー政策の変更

みなさん、こんにちは。きしべ 都です。

今日は昨日の常任委員会に引き続いての特別委員会が開催されました。

きしべ 都はエネルギー政策調査特別委員会に所属しています。

これまでは「かながわからのエネルギー革命」ということで
太陽光発電を中心とした「創エネ」の事業に重点が置かれていました。

これからは「創エネ」「省エネ」「蓄エネ」の一体化で
スマートシティを目指していくようになります。

たとえば、住宅用太陽光発電の補助は3月末で打ち切りになりますが、
(昨年9173件 今年度は1月末で11667件の実績)
太陽光発電に、エネファームや蓄電池,EVに充電給電できる設備,HEMSなどの見える化設備を
組み合わせた設置への補助に変わります。

詳しくは今年度予算の議決を経ての発表となりますが、
BEMS、コージェネ,FCV(燃料電池車:水素自動車)など
エネルギー投資や新産業の開発など県内経済の活性化にもつながり、
環境、温暖化対策にも役立つところに期待が高まります。

製品や設備投資、高価なものが多く
普通の家庭の県民が補助をうけたり、
効果を体感できたりできるか、
しっかり見ていかなくてはなりません。

Share on Facebook

 

神奈川県議会議員 きしべ都

最近のコメント