南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

‘教育’ カテゴリーのアーカイブ

2018年4月16日

モスクワ教育事情調査 その3

皆さん、こんにちは。きしべ都です。
モスクワ教育事情調査 その3です。

モスクワ視察三日目、
午後は間近に迫ったサッカーの
ワールドカップのための改修工事が進む
レーニンスタジアムへ伺いました。
1956年の建設から4度の改修を終え、
拡幅した屋根や
市民から希望をとった
ナショナルチームのカラーの八万人を越える観客席、
VIPルーム、
300席ある車イス観戦席など
見せていただきました。
車いすの観戦席は
その数が300と大変多いことにも
驚きました。
VIPルームのすぐ下で
大変見やすい席であることと
付き添いの席もきちんと用意されていること、
バックヤードにも十分なスペースがあること、
他の観客とは別にエレベーターなど
移動が配慮されていることなど
大変参考になります。
8万の座席の色が
茶、ベージュと色とりどりで
無人なのに
大観衆がいるように見えます。
空席があっても満席に見える工夫だそうです。
入った瞬間に歓声が聞こえてくるようでした。

オリンピックの会場でもあったせいか、
スタジアムにはいるまでの
検問も敷地に入るとき
スタジアムに入るときと
数次、用意し、
また、動線もながく
滞留しない工夫もあります。
ただ、日本戦の会場は
かなり遠く
交通の確保
特に宿泊の確保が
大変と伺いました。
チームの移動
観客の移動、安全、快適さ
良い思い出と感動を
どう演出するか
世界的大会開催の
ハード、インフラの課題
もてなしなどソフトの課題
神奈川でも今年から
セイリングの
プレプレ大会が始まります。
種目や艦船の仕方は違いますが
国内外から
大勢の応援の方々を
どう迎え入れるか
大いに参考にしたいと思いました。

Share on Facebook

2018年4月16日

モスクワ教育事情調査 その2

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
モスクワ教育事情調査のその2です。

モスクワ市内は交通量も多く、
朝夕だけでなく一日中、
渋滞です。
2日目は地下鉄での移動に挑戦。
モスクワの地下鉄の駅は個々に特色があり、
レリーフや絵画、彫刻など
美術館のようです。
長いエスカレーターは右側通行、
日本と同じでお急ぎの方に
片側開けてたつスタイルでした。
駅が通過点でなく、
降りてじっくり眺めるような
観光のポイントにもなっているのは
都市の魅力アップにつながることを感じました。
ただ、地上から見ると
建物は地下の部分にくらべると
そっけなかったです。

モスクワ視察三日目は
昨年設立50周年を迎えた
モスクワ日本人学校に伺いました。
学校運営委員会長の常原さんからは
学校の歴史や運営委員会について、
また、長らく駐在生活をされている
モスクワでの生活やジャパンクラブについてなど
幅広くお話いただきました。
また、神浦先生からは
進学指導や学習指導、
とくに現地での生活科総合科の工夫、
同じ建物にある
フィンランド、スウェーデン、イタリア学校との連携、
現地公立学校との交流など伺いました。
現在の国際情勢のなか、
安全対策に大変配慮されていることはじめ、
ジャパンクラブ、在留邦人、企業、関係者、
保護者の方々が遠いモスクワでも
日本の学習指導要領にのっとり、
日本と同等の教育環境整備に
奮闘されていることに心から感謝します。
いくつか課題も伺いました。
まずは、危機管理・安全対策
学校のモットーは
「楽しく、安全に」ですが、
モスクワは国際的、国内的にも
危機感をもって対応されています。
近年、安全対策予算が付き、
送迎バスに防弾ガラス、
校舎に侵入者対策など
安全確保・警備体制の強化を図っているそうです。
日本でも安全対策を重視してきていますが、
国際情勢など
より深刻な危機感を感じました。
また、日本国内と違い医療にも課題をかかえています。
医療資源は不足しており、
ヨーロッパメディカルセンター(EMC)に
行かないと英語・日本語対応は難しいとのこと
最近ではドイツ
メディカルセンター(GMC)に
日英の通訳が設置され、
安堵とのことですが、
日本語での受診は
不自由されているようです。
各学校に校医さんがいて
緊急時に対応できる
日本の体制の良さを実感しました。
いじめ・不登校・心のケアについても
伺いました。
ロシアでも同様に課題だそうです。
日本人学校には
養護教諭が配置されておらず、
日常的な心のケアについて
不足しているとのことです。
怪我の対応や心のケアなどで
養護教諭のニーズはとても高く、
子どもたちの抱える問題が
多岐にわたることは
国の内外に関係ありません。
日本人学校にも
養護教諭が配置されることよう
求めていきたいと思います。
また、インクルーシブ教育についても
伺いました。
日本人学校でも
障害児を受け入れていますが、
教室が不足しており、
リソースルームのような場所が
設置できてないそうです。
今は、教室内に
ブラインドや仕切りで
何とか場所づくりをしているとのことです。
多動など全職員で
対応なさっているそうです。
専門職など配置が望ましいが
現在の文科省の派遣では困難なようです。
日本人学校は
学習について
国内と同じく
学習指導要領に則して
しっかり教育をすすめています。
派遣に関しても
国内の学校と同等の
教員だけでなく
専門職もふくめて
きちんと配置される
必要があると
強く感じました。

Share on Facebook

2018年4月16日

モスクワ教育事情調査 その1 

皆さん、こんにちは、きしべ都です。
4月2日から6日までモスクワに
教育事情調査に行った報告です。
芸術・スポーツの分野でのとりくみ
特に子どもたちの教育を中心に調査しました。

まず次世代育成その一として
フィギュアスケートのトレーニング調査。
キエフの駅前と聞いて
伺ったのはなんと巨大なショッピングモール⁉️
ショッピングモールの7階に
スケートセンターがありました。
モスクワ市内だけで
屋外屋内に120箇所もスケートセンターがあると言います。
その多くは
こうしたショッピングセンター内の
小さなスケートリンク、
身近なところに数多くリンクがあり、
つきっきりで指導してくれるコーチがいます。
今回伺ったKOZMИKでは
クリスチィーナコーチとナターシャコーチに
お話を伺いました。
お二人とも競技選手経験があり、
プロスケーターのレベルまでコーチなさっています。
小さなスケーターが熱心に
スケーティング、ジャンプやスピンなど
コーチとみっちり毎日一時間滑り込んでいます。
三、四歳ですでに滑りはじめ
骨格や体質、遺伝まで
厳しいチェックを受けて
上のカテゴリーへとあがっていきます。
コーチも大学でしっかり学んで
資格をもって職業として
コーチ業にまんしんされています。
スケート王国ロシアの競技の裾野の広さを実感しました。

モスクワ視察二日目後半は
日本大使館へ。
ロシアの現在の状況や在露日本人の状況の他、
ことしはロシアにおける日本年、
日本におけるロシア年ということで
それぞれ国内で文化芸術スポーツ産業観光の
さまざまな交流が計画されています。
ロシア国内ではなんと300事業も計画中ということで、
サッカーのワールドカップ開催と合わせ、
日本からの多くの来訪者が見込まれます。
まだまだ受け入れの宿泊施設や
ロシアへの入国については
ビザや滞在中の宿泊カードなど
厳格なルールがあり、
対応についても課題が指摘されています。
自治体の観光や国際的な交流についても
意見交換させていただきました。

Share on Facebook

 

神奈川県議会議員 きしべ都

アーカイブ
最近のコメント