南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

‘今日のできごと’ カテゴリーのアーカイブ

2019年7月9日

くらしから始まる経済成長へ

みなさん、こんにちは。

厚生労働省が発表した
5月の毎月勤労統計(速報、従業員5人以上の事業所)によると、
基本給や残業代などを合わせた
1人当たりの現金給与総額(名目賃金)は
前年同月比0.2%減の27万5597円だったそうです。
物価の影響を加味した実質賃金は
1.0%減で、
名目、実質ともに5カ月連続のマイナスとなっています。
国会で
勤労統計が問題になり、
厚労省は
「1月に抽出調査の対象事業所を一部入れ替えた結果、
賃金水準の低い事業所が増え
前年よりも低くなっている」と分析しています。
現金給与総額のうち、
基本給など所定内給与は
24万3208円で
これも0.6%減少しています。
景気を良くしたと言われますが、
町できく実態と同じく
私たちの生活が厳しくなっていることが
勤労統計でも
数値として報告されました。

長崎新聞の記事ですが

長崎県労連が
若年単身世帯をモデルケースに、
25歳の若者が生活するために最低限必要とされる
「最低生計費」の試算を発表したそうです。
試算によると、
最低生計費は年収約270万円(税金、社会保険料込み)。
これをワークライフバランスに配慮した
労働時間(月150時間)に換算し、
最低賃金は1500円必要だと結論付けたそうです。
長崎市在住で
大卒、社会人3年目の25歳をモデルケースに設定。
3~5月に回収した
県内の10~30代の単身世帯141人分のデータ、
市内の商業施設などでの市場調査なども考慮し、
静岡県立大短期大学部の中澤秀一准教授が試算されたと言うことです。
現在、長崎県の最低賃金は762円。
全国最低の鹿児島県(761円)と1円差で、
全国平均(874円)を100円以上も下回っているところでの試算です。
中澤准教授は
「賃金を理由に1人暮らしができない若者が多く、
1人暮らしをしていても食費や医療費を切り詰めるなど、
人間らしい生活が難しい。
地方に若者を留めるには最低賃金を上げる必要がある」と述べられたそうです。
神奈川県では最低賃金は現在 982円 
東京に次ぐ全国2位の神奈川にあっても1500円には
とうてい追いついていません。
立憲民主党では
賃金の引き上げと税による所得再分配で
消費が安定的に伸びていく基盤づくりをあげています。
中小企業への支援を拡充しつつ
5年以内の最低賃金1300円の引き上げを
2019ビジョンでうったえています。
長崎の資産によれば
それでもまだまだ不足すると言うことです。
くらしから始まる
経済成長にむけて
実質賃金の向上
まっとうな働き方の回復など
安心して働ける環境整備
今、待ったなしのとりくみです。

Share on Facebook

2019年6月6日

止まらぬ児童虐待  対応数7年連続増

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
児童虐待の悲しいニュースが
忘れられない中、
5月29日には横浜市が
6月5日には神奈川県が
昨年度の児童虐待対応数を
公表しました。
横浜、川崎、相模原の3政令市と横須賀市を除く
県所管5カ所(中央、平塚、鎌倉三浦地域、小田原、厚木)の
児童相談所(児相)で2018年度に受け付け
た児童虐待の相談件数は、
前年度比27・6%増の
5348件。
7年連続の増加で、
統計を取り始めた1998年度以降で最多となりました。
横浜市では
相談だけでなく対応としているので
単純比較はできません。
また、
対応数の報告が
区役所と
児相に分かれており、
区役所で61.6%増の3202件
児相で75,4%増の6403件
横浜市内だけで70.1%増の9605件です。

市も県も
虐待の内容別で最も多かったのは、
子どもの前で家族に暴力を振るう
「面前DV(ドメスティックバイオレンス)」といった
心理的虐待です。
次に身体的虐待
保護の怠慢・拒等ネグレクト、
性的虐待となっています。

児童虐待は、
昨年3月、東京都目黒区の5歳の結愛ちゃん 当時(5)、
今年1月、野田市の10歳の心愛さん
両親から暴行などを受けて死亡する
大変悲しい事件が報道され、
国でも対応強化に乗り出しています。

社会の関心の高まりや
医療機関、学校、関連機関との連携など
相談件数を押し上げているようです。

特に児相への
警察からの通告が
県で4割、
市で6割と増え、
対策強化のなかでの
情報共有が
しっかり図られてきていることが
感じられます。

早期発見、早期対応が一番ですが、
助けを必要としている子どもや保護への
支援策の充実が必要です。
相談後の引き続いての対応や
支援の継続など
国の対応策や
県の施策をチェックし、
その家庭がかかえる問題へ
適切なアプローチへ
つなげていきたいと思います。
毎年増加する数の調査をもとに
対応策を強化し、
虐待に気付き、見つけ、解決へと結びつけていくこと、
ていねいな対応を重ねること
虐待の解消をめざしていきます。

Share on Facebook

2019年5月28日

憲法カフェ 再開します

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
今朝の川崎の事件の衝撃、
卑劣な行為がゆるせません。
これからの詳細な情報を
待ちたいと思います。

昨年1月から一年間
ほぼ一ヶ月に一回ペースで
憲法カフェを行いました。
参加してみたい
憲法を改めて読みたい
いろいろ意見を交わしたいとの
リクエストをいただき、
今年、またもう一度
日本国憲法を
読んでいく会を
始めることとしました。
今日はプレカフェとして、
ちょうど一年前に
タウンミーティングでご講演いただいた
はんどう弁護士の
「檻の中のライオン」の紙芝居を
みんなで読み合わせました。
それぞれの条文やその意味、
権力と国民の権利など、
読みながらいろいろなご意見が出ました。
次からは
日本国憲法、
やさしい憲法の話を
読んでいきます。
次回は6月25日予定です。
ふるってご参加ください。

Share on Facebook

 

神奈川県議会議員 きしべ都

アーカイブ
最近のコメント