南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

‘お知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

2019年8月30日

「浜なし」が「かながわブランド」に!

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
九州北部豪雨が大きな被害をもたらしました。
なくなられた方のご冥福をお祈り致します。

さて、県では地産地消、県産品の振興のために
県内産農林水産物及びその加工品などを
かながわブランドとして登録して
県のHPはじめいろいろな場面で紹介、販売促進を図っています。
湘南しらすや湘南ゴールド、やまゆりポークなど
65品目108登録品あるなか、
横浜産は余り多くありません。

横浜キャベツに続き
これから旬を迎える
「浜なし」が先日
神奈川ブランドに認定されました。
大玉で甘みが強く、
シャリシャリとした食感や瑞々しさが特徴です!
.
横浜農業協同組合果樹部の生産者の方がた(154名)が、
品種や栽培方法などの生産基準を守って生産しています。
よく熟した果実を収穫し、すぐに販売しています。
農協や生産者の直売所で売っているのですが、
並べるとすぐになくなるほど
人気で
手に入りにくいです。
今回、
認定を受け、
販売会が企画されています。
横浜の美味しい梨
この機会に是非、ご賞味ください!!

1 「浜なし」祭り
8月31日(土曜日)から9月1日(日曜日)  9時から17時まで
横浜農業協同組合「ハマッ子」直売所みなみ店
(横浜市泉区中田西2-1-1 TEL:045-803-9272)

2 神奈川県アンテナショップ「かながわ屋」での販売
8月31日(土曜日)から9月21日(土曜日)までの
毎週土曜日 10時から20時まで
そごう横浜店地下2階食品売り場
(横浜市西区高島2-18-1 TEL:045-620-8535)

3 「浜なし」持寄品評会
9月3日(火曜日) (1)10時より品評会
            (2)11時より:出品した展示品の販売
横浜農業協同組合「ハマッ子」直売所みなみ店
※(1)は先着順の販売、
  (2)は9時30分から会場で整理券を
   先着順に配布。

4 「ハマッ子」直売所 in 県庁
9月5日(木曜日)11時30分から13時30分まで
:県庁新庁舎1階ロビー

Share on Facebook

2019年7月12日

江の島大橋 渋滞緩和へ 3車線化共用開始!

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
夏の到来
神奈川を代表する海といえば江の島ですが、
江の島にむかう
江の島大橋の渋滞はながらく
大きな課題になっていました。
江の島大橋は
昭和37年に
江の島ヨットハーバー(湘南港)を建設するための工事用道路として竣工し、
昭和39年東京オリンピックの開催に合わせて
共用開始された2車線の橋りょうです。
2020オリンピック大会で
ふたたび江の島が
セーリング競技の会場に
なったことをうけ、
江の島大橋の渋滞緩和
3車線化に取り組んできました。
ようやく3車線化の工事が完了し
共用開始となります。
これまでの中央分離帯を廃し、
江の島にむかう方向を2車線とし、
道路両脇には自転車通行空間を
設置されました。
また同時にセーリングの会場となる
江の島セーリングセンターも完成。
共用開始は
来たる8月3日です。
江の島大橋は朝9時から共用開始、
午後には
湘南港ヨットハウスにて完成記念式典が行われます。

Share on Facebook

2019年6月4日

海辺のゴミを回収 Seabin導入

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

新聞でも紹介されていましたが、
この度、
海のプラゴミを回収するSeabin シービンという装置を
神奈川の海に導入することになりました。

国からSDGs未来都市の指定をうけて、
SDGs(持続可能な開発目標)の推進に向けて、
とくに
昨年9月に「かながわプラごみゼロ宣言」を発表し、
深刻化する海洋汚染、
特にマイクロプラスチック問題等に取り組んできました。

そのなか、
国内で初となる海洋プラごみ回収装置を、
オリンピックのセーリング競技会場となる湘南港に、
2基導入することにしたものです。

Seabinという装置は
シービン、シー、海のビン、ごみ箱、という名称で、
海に浮かべた直径約50センチメートルの
ごみ回収装置です。
まず、ポンプを使って
装置の上から下に水流を作り出し、
海面に浮遊しているゴミを吸い寄せます。
次に、
水と共に集まったゴミを
水面から吸い込み、
装置内のネットである、
キャッチバッグに
マイクロプラスチックなどを回収、
装置の下から水のみを排出するものです。
ちなみに一基は約80万円程度ということです。
シービンは、
オーストラリアの会社が開発し、
今年4月現在、
ヨーロッパを中心に
16の国と地域で約700台
導入されているとのことです。
国内では、
この湘南港が初めての本格稼働となります。

今年5月から湘南港で
試験運転を実施してきました。
その結果、
10日間でマイクロプラスチックを含め、
合計約12キログラムのごみを
回収することができ、
効果を確認したところです。
県は、シービンを1基購入し、
さらに、試行で使用した装置を
寄贈していただき、
合計2基で本格稼働していきます。
今後、この2基の稼動状況等検証し、
県が管理する港湾とか漁港でも、
導入について検討する方向です。
地球規模で問題になっている
このプラゴミ問題ですが、
人間が捨てたゴミを
海から回収する
小さなとりくみが
スタートします。

まずは、
わたしもできるだけゴミを出さない、
余分なゴミを作らないよう
生活のなかから
気を付け、見直していきたいと思います。

Share on Facebook

 

神奈川県議会議員 きしべ都

アーカイブ
最近のコメント