南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

‘お知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

2018年7月21日

被災者へ県も公営住宅を提供

皆さん、こんにちは。きしべ都です。
西日本の豪雨の救援に
被災者を対象とした公営住宅等の一時提供が決まりました。
7月豪雨により自宅が全壊等により居住困難になった方を
対象とした一時提供住宅の受付窓口を設置して、
入居者募集を行います。
り災証明書の提出が必要です。
神奈川県住宅計画課
受付電話番号 045-210-6539
7月20日(金曜日)から
平成30年8月31日(金曜日)に
ご連絡ください。
入居から原則6ヶ月以内
家賃・敷金が免除されます。
共益費、光熱費等は入居者負担です。
神奈川県、県内市町(政令市除く)、県住宅供給公社の
86戸(政令市分除く)を予定しています。
詳しくは 
住宅計画課ホームページ 
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/zm4/index.htmlを

明日からは
避難所運営支援等に係る県職員の派遣の
第3陣が出発します。
今回も10名のかたが
岡山県高梁市に派遣されます、

24日火曜日からは
避難所における
保健指導、巡回訪問指導等を支援するため、
保健師2名、連絡調整員1名の方々が
愛媛県大洲市(おおず)に派遣されます。
酷暑で
避難所での
保健指導の必要性が
課題となっています。

横浜でも
連日の猛暑で
救急車の搬送が増加しています。
ましてや被災地での
この猛暑は
被災者の方々も
ボランティアの方々も
支援の方々にも
大変なご苦労です。

明日は
立憲民主党として
横浜駅での緊急街頭行動ですが、
被災地への義援金活動も
合わせて行います。

Share on Facebook

2018年6月29日

オリの中のライオン@南区 明日開催です!

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
いよいよ明日は
第19回タウンミーティング
檻の中のライオン@南区です。

今回は「ライオンと檻」の例えを使って、
「そもそも憲法とは何か?」を皆さんに知っていただく活動をしている
楾 大樹弁護士を迎えての
タウンミーティングです。
「ライオン=国家権力」「檻=憲法」、
ライオンを檻に入れて縛るのが立憲主義、という例えで
『檻の中のライオン 憲法がわかる46のおはなし』(かもがわ出版)
という本を
2016年に出版され、
この本をもとに講演活動を全国で行っていらっしゃいます。
どうぞ多数のご参加をお願いいたします。

日時   6月30日(土) 13:00~15:00 
場所   神奈川県地域労働文化会館 2階大会議室
申込はきしべ事務所までお願いします。

Share on Facebook

2018年5月10日

麻しん(はしか)の流行に注意してください!

みなさん、こんにちは。連休明けからの荒天
肌寒い位の日が続いています。
体調管理にお気をつけください。

ところで今年は春初めから
麻しん 「はしか」がはやり始め、
多く取り上げられています。
県も注意喚起しています。
県のHPをご参照ください。
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/mashin/0423.html

麻しんは例年春から秋にかけて流行し、
感染力が非常に強いことが特徴です。
2歳未満の小児で発症が多く見られ、
感染すると約10日後に
発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。
2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出現します。
肺炎、中耳炎を合併しやすく、
患者1,000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。
死亡する割合も、先進国であっても1,000人に1人と言われています。
その他の合併症として、
10万人に1人程度と頻度は高くないものの、
麻しんウイルスに感染後、
特に学童期に亜急性硬化性全脳炎(SSPE)と呼ばれる中枢神経疾患を発症することもあります。
近年は麻しん含有ワクチンの2回接種が行われ、
麻しんに感染する方の人数は減っています。治療は対症療法が中心で、
合併症を起こさなければ、通常7から10日程度で回復します。
しかし、肺炎、脳炎、中耳炎などの合併症が
致命的となりうるのが、麻しんの怖いところです。

麻しんは、過去の推移を見ると、
平成19・20年に10~20代を中心に大きな流行がみられましたが、
平成20年より5年間、中学1年相当、高校3年相当の年代に
2回目の麻しんワクチン接種を受ける機会を設けたことなどで、
平成21年以降10~20代の患者数は激減しました。

近年では、患者発生の中心は
20歳以上の成人と、ワクチン接種前の0~1歳となっています。
また平成22年11月以降のウイルス分離・検出状況については、
海外由来型のみ認めており、
平成19・20年に国内で大流行の原因となった遺伝子型D5は認めていないそうです。
平成27年3月27日、
世界保健機関西太平洋地域事務局により、
日本が麻しんの排除状態にあることが認定されました。
かつては毎年春から初夏にかけて流行が見られていましたが、
排除後は、海外からの輸入例や、
輸入例を発端とした集団発生事例を認める状況となっていました。

ところが、
今年3月23日、沖縄県内を旅行中の観光客が麻しんと診断され、
それ以降、沖縄県内で麻しんの患者の発生が続いています。
また、愛知県から、
3月28日から4月2日の期間に沖縄県に旅行歴のある方の、
麻しん患者の報告がありました。

麻しんは感染力が非常に強く、
空気、飛沫、接触感染により人から人へと伝播し、
感染が広がる恐れがあります。
風邪などのように,マスクやうがい,手洗いでは予防にならず、
麻しんを予防するには、
麻しんワクチンの予防接種が有効といわれています。

予防のためには、ワクチン接種が極めて重要です。
お母さんから受け継いだ抗体(免疫)の効果が消失する
1歳を過ぎたら、速やかに接種することが推奨されています。

今まで、麻しんにかかったことが無い方、
麻しんのワクチンを接種したことが無い方は、
かかりつけ医に相談してください。

Share on Facebook

 

神奈川県議会議員 きしべ都

アーカイブ
最近のコメント