南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

‘お知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

2018年11月1日

ソーラーシェアリングの拡大にむけて ワンストップサービス事業者を募集!

みなさん、こんにちは。きしべ都です。.
.
神奈川県では、
再生可能エネルギー等の導入加速化に取り組んでいます。
屋根等への太陽光発電のほか
営農を続けながら太陽光発電を行うことができる
ソーラーシェアリング(営農型発電)について
県としても普及促進を図っています。

農地に支柱を立てて、
上部に太陽光発電設備を設置し、
営農を続けながら太陽光発電を行う
「ソーラーシェアリング」ですが、
まだ、県内では実施者も少なく、
手続きの煩雑なため
導入を躊躇する声もあります。
そこで県では、
ソーラーシェアリングの導入を検討している方々が、
栽培に適している作物の選択や、
融資制度の活用、
農地の一時転用などの
煩雑な手続きを円滑に進められるように、
民間事業者にたいし
ワンストップで支援していくプランを募集します。

民間事業者からワンストップで
サービスを提供するための
具体的なプランの募集は
以下のようなものです。

1 募集内容
 ソーラーシェアリングの導入に当たり、
 民間事業者が農家等を
 ワンストップで支援するサービスのプランを募集します。

2 応募資格
 県内に現に事業所を有する事業者
 又はそうした事業者を含む
 複数事業者からなる共同体

3 応募期間
10月19日(金曜日)から平成30年11月16日(金曜日)まで

4 応募方法
 下記ホームページから申請様式をダウンロードし、
 必要事項を記入の上、県エネルギー課へ郵送又は持参してください。
【提出先】〒231-8588 横浜市中区日本大通1
  (郵便番号が記載されていれば所在地は省略可能です。)
神奈川県産業労働局産業部エネルギー課太陽光発電グループ
【申請様式】県ホームページからダウンロードできます。
URL:http://www.pref.kanagawa.jp/docs/e3g/cnt/f537517.html

5 公表予定
 民間事業者から提案のあったプランを
 「かながわソーラーシェアリングバンク」に登録し、
 12月上旬頃に県のホームページなどで公表します。

Share on Facebook

2018年10月21日

免振・制振オイルダンパーの設置数

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
昨日、報道されたように
県内の
KYB株式会社及びカヤバシステムマシナリー株式会社が
製造した国土交通大臣認定や顧客との契約の内容に
適合しない(疑いのあるものを含む。)
免震・制振オイルダンパーが設置された建築物について、
国土交通省から情報提供がありました。
まずは
建物数だけです。
以下、
記者発表を転記します。

県及び市は、
今後、同社に対し、
建築基準法上の適合状況などについて報告を求め、
不適合が認められたものについては、
是正を指導する方針です。

1 県内の物件数
○ 特定行政庁ごとの物件数 (件)
特定行政庁 免震 制振    計
横浜市   31   –    31
川崎市    15   1    16
相模原市  7   -     7
藤沢市    4   -     4
鎌倉市   1   1     2
厚木市    2   1     3
平塚市    3   1     4
神奈川県(注1) 4  -     4
計      67   4     71

(注1)神奈川県は、伊勢原市2件、三浦市1件、開成町1件

○ 用途別の物件数(件)
用途      免震   制振    計
住宅       25    –    25
医療・福祉施設  10    –    10
事務所       5   1     6
庁舎        4   –     4
教育・研究施設  10    –    10
生産施設     3    2     5
スポーツ・文化施設 2   1     3
物流施設     2    -     2
データセンター  2    –     2
複合施設     1    -     1
宿泊施設     -    -     0
商業施設     -    -     0
その他      –    -     0
不明       3    -     3
計        67   4     71

(注2)用途の分類ごとの件数は今後変わる可能性があります

Share on Facebook

2018年7月21日

被災者へ県も公営住宅を提供

皆さん、こんにちは。きしべ都です。
西日本の豪雨の救援に
被災者を対象とした公営住宅等の一時提供が決まりました。
7月豪雨により自宅が全壊等により居住困難になった方を
対象とした一時提供住宅の受付窓口を設置して、
入居者募集を行います。
り災証明書の提出が必要です。
神奈川県住宅計画課
受付電話番号 045-210-6539
7月20日(金曜日)から
平成30年8月31日(金曜日)に
ご連絡ください。
入居から原則6ヶ月以内
家賃・敷金が免除されます。
共益費、光熱費等は入居者負担です。
神奈川県、県内市町(政令市除く)、県住宅供給公社の
86戸(政令市分除く)を予定しています。
詳しくは 
住宅計画課ホームページ 
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/zm4/index.htmlを

明日からは
避難所運営支援等に係る県職員の派遣の
第3陣が出発します。
今回も10名のかたが
岡山県高梁市に派遣されます、

24日火曜日からは
避難所における
保健指導、巡回訪問指導等を支援するため、
保健師2名、連絡調整員1名の方々が
愛媛県大洲市(おおず)に派遣されます。
酷暑で
避難所での
保健指導の必要性が
課題となっています。

横浜でも
連日の猛暑で
救急車の搬送が増加しています。
ましてや被災地での
この猛暑は
被災者の方々も
ボランティアの方々も
支援の方々にも
大変なご苦労です。

明日は
立憲民主党として
横浜駅での緊急街頭行動ですが、
被災地への義援金活動も
合わせて行います。

Share on Facebook

 

神奈川県議会議員 きしべ都

アーカイブ
最近のコメント