南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

‘南区’ カテゴリーのアーカイブ

2018年10月29日

子ども医療センターが県で初めてのアレルギー疾患医療拠点に

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
みなさんの身近に
アレルギーで悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
現在、国民の約2人に1人が、
食物アレルギーや気管支ぜん息、
アトピー性皮膚炎、
花粉症等のアレルギー疾患に
かかっていると言われ、
その患者数は増加傾向にあります。
神奈川県では、
アレルギー疾患の患者さんやそのご家族が、
適切な医療を受け、
安心して暮らせるよう、
「神奈川県アレルギー疾患医療拠点病院」を
地方独立行政法人神奈川県立病院機構 神奈川県立こども医療センター
 (横浜市南区六ツ川2-138-4)
横浜市立みなと赤十字病院 (横浜市中区新山下3-12-1)
県内で2病院 新たに選定しました。

県拠点病院は、
県内におけるアレルギー疾患の
診療ネットワークの中心的な役割を担います。
アレルギー疾患の患者さんが、
アレルギーの状態に応じた適切な医療を受けられるよう、
地域の診療所や一般病院等と連携しながら、
診療、情報提供、
人材育成、研究、学校等への助言に取り組んでいきます。

これまでも
県ではアレルキ゛ー疾患の治療に携わる
地域のかかりつけ医への支援や重症化、
発作等による緊急時に対応する医療機関を
指定していました。
子ども医療センターは
これまでも集学的医療機関としの指定をうけて
専門機関への支援等、アレルギー疾患治療の
中核となっていました。

参考までに2年前に策定された
神奈川県アレルギー疾患対策推進計画では
基本的な考え方として
施策を3つの区分に分けています。

1.生活環境の改善 
  ~アレルギー疾患の発症・重症化の予防や症状の軽減
アレルギー疾患が、
生活環境に関係するさまざまな要因によって発生し、
重症化することから、
関係する施策の総合的な実施により生活環境の改善を図ります。

2.医療提供体制の整備 
 ~適切な医療を受けられる体制の整備
アレルギー疾患のある方が、
お住いの地域にかかわらず
、等しく医学的な知見に基づく
適切な医療を受けることができるように
医療提供体制の整備を図ります。

3.生活の質の向上 
 ~アレルギー疾患患者等を支援するための環境づくり
県民のみなさんが、
アレルギー疾患について、
適切な情報を入手することができるとともに、
患者の方々が、
それぞれの方の状態や環境に応じて、
生活の質の維持や向上のための
支援を受けることができるように体制の整備を図ります。

Share on Facebook

2018年3月10日

みなみ防災フェスタ&南区商店街フェスタ

みなさん、こんにちは、きしべ都です。
今日は南区役所で行われた
みなみ防災フェスタ&南区商店街フェスタに
参加しました。

今年の防災フェスタは
親子で防災について学ぶ機会ということで
会場には多くのお子さんを連れたご家族がいっぱいでした。
公会堂では
歌うママ防災士の柳原志保さんから
「無理なく楽しむ防災術」の講演。
東日本大震災の経験、
ご自身も今、子育て中の立場から、
普段の生活のなかに、
無理なく、また、楽しみながら
防災の備えをと
たくさんの例を紹介しながら
お話しいただきました。
最後は南消防団の声楽隊の皆さんと
「花は咲く」の素敵な大合唱が響きました。
七階では避難所体験コーナー、
段ボールベッドの寝心地も確かめられました。
けっこういいですね。
障害者コーナーもあり、
どんな配慮が必要か紹介しています。
水道、ガスなど生活インフラのブースもあり、
子ども連れの方々が
確かめながらの体験されていました。
今回は一階の
商店街フェスタと合同という事で大盛況でした。
特に若い世代の方々の参加が多くて、
職員の方に伺ったところ、
保育園、幼稚園、学校で
チラシ配布を行ったとのこと。
周知の工夫がバッチリ成果をあげていました。
一階では区内商店街が一堂に集結し、
商店街店舗での
お買い物を楽しんでいただける
「南区商店街フェスタ」
もう恒例になった感じです。
消防署では
水消火器を使用した消火体験や
起震車での地震体験、
川沿い側のエントランスでは
縁日コーナーやミニ地下鉄、
更にはプロスポーツチームの試合チケットや
グッズなどの豪華賞品が当たる
スタンプラリー抽選会など、
お買い物をしながら
御家族揃って
お楽しみいただける企画を集め、
防災イベントに
ターゲットを若い世代に絞って
普段こうしたイベントに参加されない
区民の方に多数ご参加してほしい
そうした思いや工夫が通じたと感じる
盛況ぶりでした。

Share on Facebook

2018年2月18日

土砂災害特別警戒区域の説明会はじまりました

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
先日お知らせした
土砂災害特別警戒区域の指定に関わる
住民説明会が
17日、南吉田小学校で
行われました。
前段は
土砂災害特別警戒区域についての説明で
土砂災害防止法や土地利用の制限についてや
南区と磯子区で行われた
「一定の開発の抑制、建物の構造規制を目的とする
土砂災害特別警戒区域(いわゆるレッドゾーン)」の
その結果についても
説明されました。
基礎調査結果は
詳細の箇所については
「神奈川県土砂災害情報ポータル」のほか、
砂防海岸課、
横浜川崎治水事務所及び
横浜市建築局企画部建築防災課で
閲覧することができることや
会場にも
詳細地図を
掲示して有りました。
また、PCを持ち込んで
直接
情報ポータルを
見ることもできました。

質疑では
たくさんの質問がありました。
広報のあり方には
何度も質問がありました。
ポータルなどPCをつかえない
高齢の方にどう周知徹底するのか。
指定箇所には
ゲリラ豪雨などの災害発生が心配されるとき
広報車や
連絡はどうなるのか、
HPやツイッターなどのSNSで
情報を得られる人とそうでない人の
デジタルデバイスの問題が
やはり心配されていました。
ハードとしての整備事業と
ソフトとしての
地域状況の危険の周知や
予防、避難情報と
両方、密に
丁寧になされることが必要です。
とくに
高齢の方々に
周知し、
予防措置をご理解いただくか
課題をいただきました。

これから
オープンハウス方式で、
ご都合の時間に合わせ、
主に個別の問合せを受け付ける
説明会も行われます。
まずは、
小さなことでも
確認することから初めて見てはいかがでしょうか?

【日時・会場】
● オープンハウス方式  大岡地区センター 
                大会議室・音楽室
  1回目 平成30 年2 月20 日(火曜日)
       15 時00 分から20 時00 分
  2回目 平成30 年2 月26 日(月曜日)
       15 時00 分から20 時00 分
○ いずれの会場も駐車場はありませんので、
  公共交通機関をご利用ください。
○ 説明会の「説明資料」や「よくある質問と回答」については、
  下記ホームページへ、順次掲載の予定です。
  ・横浜川崎治水事務所ホームページ
   http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f617/

土砂災害が発生する恐れのある区域について、
しっかりと調査が行われたことは重要です。
今後は、
調査結果をふまえた
安全策の整備を進めていかなければなりません。
危険の周知、警戒避難態勢の整備など
ソフト対策の推進もふくめて
安心して暮らせるまちづくりをすすめます。

Share on Facebook

 

神奈川県議会議員 きしべ都

アーカイブ
最近のコメント