南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

2020年1月11日

県内の豚コレラワクチン接種が終了しました。

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

10日に県議会と県幹部との
賀詞交歓会が行われ、
ひさしぶりに
集まりました。
当日の知事のあいさつのなかに
この年末から正月休みの間に
豚コレラワクチンの全頭接種が
終了したとの報告がありました。

これまで
国では、昨年10月15日に
「豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針」を改定し、
野生いのししから豚コレラに感染するリスクの高い地域について、
豚コレラワクチンの接種を認めることとしました。
県内では、
まだ豚コレラに感染した野生いのししは確認されていませんが
補正予算で豚コレラ対策として
柵の設置など
予防策をおこなってきたなか
お隣の山梨県で飼育豚や野生イノシシが感染し、
静岡県でも野生イノシシの感染が確認されていることから
新たに国のワクチンの接種推奨地域に追加されました
先月24日、
農林水産省が豚コレラ(CSF)の発生県に隣接する
8都府県にワクチン接種を拡大する方針を決めたことを受け、
感染予防のため
県内の豚約6万頭を対象に
ワクチン接種を開始、
12月24日から今年1月6日までの14日間で、
県内の全ての豚、52,699頭の接種を行いました。
県内で豚コレラが発生する前に
ワクチン接種が終了したことは
良かったです。
年末年始の休みを返上して、
接種にあたっていただいた
県と民間の獣医師のみなさん、
延べ550名体制だったそうです。
ありがとうございました。
養豚農家の皆様も
安堵されたことと思います。
ワクチン接種は今後も継続するもので
親豚については、
今回の初回接種から半年後に追加接種、
現在離乳していない子豚や、
新たに生まれてくる子豚については、
離乳した段階で随時ワクチン接種を行う予定です。

Share on Facebook

2019年10月31日

目で見る北方領土 その2

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
目で見る北方領土 二日目は
この視察のメインイベントでもある
海からの北方領土見学です。
尾岱沼港から船に乗って、
国後島まで16㎞の半分8㎞のところまで行き、
海から国後島を
本当に間近に見ることができました。
野付湾を出ると
外海の荒らさに苦労しながら
ギリギリの海域まで。
なかなか写真にはとりきれませんでしたが、
紅葉なのか麓が色づく泊山 、
右にうっすら羅臼山、
手前の海岸には風車を見ることができました。
あと少しの距離ですが
それ以上は近づけない遠さ、
間近に見えるだけに
より複雑な思いとなります。
帰り道では、
野付湾近くではゴマアザラシが
水面から顔を出して挨拶してくれ、
野付湾近くではシマエビ漁の打瀬舟が
白い帆をなびかせ漁をしていました。
午後は、
毎年、白鳥が飛来する
別海町白鳥台の近く
別海北方展望塔へ。
北方領土返還要求運動の理解と
国民世論の公用のために建設され、
「島への道 叫びの像」が有名です。
館内には歴史と自然、
四島との交流、
返還要求運動の取り組みなど展示されています
豊かな自然とその恵みを感じながら
第2次世界大戦敗戦まで
この自然の幸を大事に生かして暮らしてきた
元島民の方々が
島を追われ、
戻れないだけでなく、
この海の恵みも得られなくなっている
ふるさと、なりわい、生きるすべを
奪われた思いを実感しました。

Share on Facebook

2019年10月13日

台風一過、おけがはありませんか?

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

60年ぶりの大型台風直撃ということでしたが
みなさんおけがはありませんでしたか?

南区内の被害については
今、関係当局が
情報収集、調査中です。

県では 昨日、県災害対策本部が設置され、
夕方6時に第1回本部会議が開催されました。
その時点で
県内で すでに
重傷者1名、軽傷者3名の被害報告がありました。
そして 先程
9時に第2回本部会議が開催され、
県内の被害(7:30現在)は、
死者2名、行方不明者0名、
重傷者1名、軽傷者22名。
その他建物被害、土砂災害、
浸水被害あり、停電、断水等あり。
とのことです。
昨夕、県内過半数の市町村に
災害救助法の適用が決定されたとのことです。
なお、まだ見えない被害がある
可能性があることから
引き続き県としてしっかりと情報収集する報告がありました。

Share on Facebook

 

神奈川県議会議員 きしべ都

アーカイブ
最近のコメント