南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

2020年12月23日

コロナ詐欺に便乗した特殊詐欺にご注意!

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

久しぶりの更新ですみません。

第3回定例会も終了し、

年末のご挨拶やポスターのはりかえに伺っています。

コロナの感染再拡大が心配です。

うがい・手洗い・消毒・ソーシャルディスタンス、

改めてお気をつけてお過ごしください。

コロナ禍で人と人との関わりが

これまでより難しくなったことを受けて、

自殺やメンタルヘルスの問題や認知症や

高齢者の見守りを継続する工夫について

課題となっているなか、

「持続化給付金」をはじめとした

県民や事業者に対する様々な給付金、

助成金の制度を悪用した「不正受給事犯」や

コロナに便乗した特殊詐欺など全国で多発しています。

今定例会の代表質問でも会派として

「不正受給事犯」や「特殊詐欺」について

発生状況や県警察の取り組み姿勢について質したところです。

特殊詐欺については県警察では、

今年から「知能犯罪捜査」にあたる

「捜査第2課」を中心に県警本部と県内各署に

「特殊詐欺捜査の専従班」を新設するなど、

警戒や取り締まりを強化しています。

今年10月までの神奈川県内特殊詐欺事件の認知件数は

前年度比756件減少したとはいえ1508件、

被害総額も前年度比約15億円減少としつつも

約28億を超える被害が出ており、

被害の発生に歯止めがかかっていません。

この中でコロナ禍に便乗した特殊詐欺も

10件認知され、被害も670万円、

社会情勢に応じただましの言葉を使うなど

手口がますます巧妙化しています。

特殊詐欺の被害を減らすため、

県警では、現場における検挙活動や

上位被疑者への突き上げ捜査を強化しているとのことですが、

詐欺撲滅に県民の皆様にも

特殊詐欺の手口をよく知っていただき、

「だまされた振り作戦」や

「迷惑電話防止機能付電話機への変更」など

対策をぜひ試していただき、

家族を思い、

何とか助けようとする情につけ込む

詐欺被害を少しでも減らしていきましょう!


2020年11月27日

神奈川県「ステージ3警戒宣言」

みなさん、こんにちは。今日は寒い一日でした。

全国的に再び新型コロナウイルスの感染が拡大しています。

1日当たりの感染者数は18日に初めて200人台となり、

同日から3日連続200人を超え、

26日には1日当たりの感染者数は254人を数え、

過去最多を更新しました。

県では11月14日に新型コロナ対策本部会議を開催し、

医療アラートを発出しましたが、

その後も感染者は急増していることをうけ

20日、27日にも対策本部会議を開きました。

27日現在、県内の病床利用率は22・9%、

うち重症者の病床利用率は32・0%に上り、

病床の逼迫(ひっぱく)度合いが増しています。

警戒レベルを判断する七つの指標のうち、

感染経路不明率など3指標がステージ3の基準に達したそうです。

県独自の警戒レベルが「ステージ2(漸増)」から

「ステージ3(急増)」に近づいているとして、

本日、知事は「ステージ3警戒宣言」を発し、

「感染者の増加は予想よりはるかに早いペースで進んでいる。

この難局を県民総ぐるみで乗り越えるため、

徹底用心してほしい」と呼び掛けました。

この警戒宣言をうけ、

県民を対象に県内旅行の代金を割り引く「かながわ県民割」

(地元かながわ再発見推進事業)の新規販売を

30日から休止することや、

コンサートやスポーツ観戦などを対象とした

国の「GoToイベント」事業についても

12月2日から対象チケットの新規販売を一時停止することになりました。

販売再開の時期は今後の感染状況を踏まえて判断するとしています。

「GoToトラベル」の停止や、

飲食店などに対する時短営業の要請については

「ステージ3には至っていない」として見送られました。

重症化しやすい高齢者の感染も増えており、

寒さに向かう折、これまで以上の感染予防をお願いします。

☆熱・喉の痛み・咳で受診したいとき 神奈川県発熱等診療予約センター 

 TEL  0570-048914   9時から21時 

 LINE  電話の他、県のLINE「新型コロナ対策パーソナルサポート」からも予約可

☆「新型コロナ感染症が疑われる方」および「その患者を診察した医療機関の方」のご相談 

 新型コロナ感染症帰国者・接触者相談センター  664-7761 9時から21時

☆感染症の特徴、予防方法、有症時の対応など、全般的なご相談 

 横浜市新型コロナ感染症コールセンター     550-5530 9時から21時


2020年11月21日

コロナ感染再拡大、14日、20日と県対策本部が開催

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

県内では、11月にはいり新規陽性者数の増加ペースが速まっています。

14日には累計感染者数が一万人を上回り、

18日には過去最多の226人となるなど依然として

警戒を緩められない状況が続いています。

県内では第2波が終息する形ではなく、

横ばいのところに第3波が上乗せできており、

ステージⅡ「感染漸増段階」から

ステージⅢ「感染急増段階」に至ることも懸念されています。

医療機関が厳しい状況になりつつあります。

とりわけ横浜、川崎など県東部の患者数が増え、

病床確保を全県で対応する必要があるなか、

14日に対策本部を開催、「医療アラート」を発出しました。

稼働病床の拡大を医療機関に要請、

28日までに現在の目安から

450床増やし、1100床(重症100床、中等症1000床)を

確保する方針を示しました。 

また、18日から3日連続で200人を超える感染者増をうけ、

20日にも対策本部会議を開催しました。

県はコロナ感染が県内で蔓延期に入ったと受け止め、

〇「Go To イート神奈川」について25日から

 新規クーポンの販売を一時中断します。

 すでに販売されている食事券については

 県内でご使用いただけます。

〇積極的疫学調査について

 医療機関、高齢者施設・福祉施設、

 学校、幼稚園・保育園に重点化します。

〇感染者に入院いただく際の年齢や基礎疾患について

 詳細を27日に開く県感染症対策協議会で検討する方針など示しました。

今日からの3連休ですが、

「我慢の3連休」とも言われています。

改めてのコロナ対策をとり、

気持ちをポジティブに休養三昧でお過ごしください。


 

神奈川県議会議員 きしべ都

アーカイブ
最近のコメント