南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

2019年7月9日

第2回定例会閉会

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
昨日の本会議で、
一般会計で252億300万円となる
2019年度の6月補正予算案等議決致しました。
当初予算は4月の知事選を踏まえ
骨格予算にとどめていたことから、
肉付け予算として計上した補正予算ですが、
当初予算で留保した50億を遙かに上回り、
232億というほとんどが
防災・減災をふまえた
橋りょうや河川の災害対策
国道整備など
土木事業が占めています。

未来につなぐ施策として
ベンチャー企業の創出促進、
大学生むけ相談の場や
シェアオフィの設置、
農薬をドローンで空中から散布する
技術開発など
ドローンの活用、
「神奈川ドローン実証ネットワーク(仮称)」の立ち上げ、
中小企業支援など
経済のエンジンを回す施策にも
補正予算が付きました。

今年2月に試行した
「LINEを活用した相談事業の取組み」は、
相談件数が電話相談を遙かに超え、
相談ツールとしての有効性が確認できたことから、
児童虐待、子どもの貧困
DVや子ども・若者のさまざまな悩みについて、
LINEを活用した相談事業を実施する予算も付きました。

Share on Facebook

2019年6月18日

代表質問で ヘイトスピーチ対策へ一歩前進

みなさん、こんにちは。きしべ都です。
県議会では
昨日から代表質問が始まりました。

わが会派からは赤野孝之議員が投壇
しました。

これまで会派として
繰り返し 提言してきた
ヘイトスピーチ対策と
そのための条例制定について
黒岩祐治知事は
「条例も含め、
どのような取り組みが最も効果的か、
整理・分析し、
総合的な視点で研究していく」と
答弁しました。
条例も含めてと
含みのある表現ですが、
知事からはじめて
「条例」発言を
引き出しました。

その他、
質問項目は以下の通りです。

1 県政運営にかかる重要な取組について
 (1) 県行政のあり方について
ア 組織再編後の行政改革について
イ 職員の民間企業への派遣について
 (2) 「かながわグランドデザイン 第3期実施計画」の多角的な検証について
 (3) 「かながわグランドデザイン 第3期実施計画」のエネルギーにおける「指標」の達成に向けた国への働きかけについて
 (4) 「ともに生きる社会かながわ憲章」の理念の普及に向けた取組について
 (5) 今後の障がい者雇用の取組について
ア 県の障がい者雇用の推進について
イ 教育委員会における障がい者雇用について

2 未来のかながわを支える取組について
 (1) 人口減少時代における企業誘致について
 (2) サテライトオフィスの設置促進について
 (3) 「国民健康保険」について
 (4) 教員の働き方改革について
 (5) 中学校給食の意義及び重要性について

3 県政の諸課題について
 (1) 本県のヘイトスピーチ対策について
 (2) 県立都市公園におけるPark-PFIの活用に向けた取組について
 (3) 市町村による森林環境譲与税の着実な活用に向けた県の役割について
 (4) 地域の力を活用した防犯対策について

Share on Facebook

2019年6月10日

6月補正予算は約252億円

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

7日、県は
4月の選挙後の肉付け予算となる補正予算はじめ
第2回定例会への提出議案を
発表しました。
補正予算は
一般会計で252億300万円、
財源は
当初予算で留保していた
県税分約48億円と
国庫支出約48億円
新たに発行する県債約153億円です。
今回の補正予算は知事選後
252億のほとんどが
政策的予算として打ち出されています。
「持続可能な神奈川」を
さらに進化・発展させるものとして
障がい児・者の地域生活を支えるとりくみ
中小企業・小規模企業経営の未病改善
防災のための公共事業
「未来社会創造」につながる
施策のスタートとして
ドローンの活用
SDGsのとりくみ
コミュニティ再生・活性化
が、打ち出されています。
公共・県単独土木事業だけで238億円
補正予算の8割が
道路橋りょう、街路
河川海岸、港湾
砂防、急傾斜など
橋や河川の災害対策の費用が占める。

12日に改めて
本会議で提案説明を受けますので
詳細はまた別途
お知らせします。。
各常任委員会でもしっかり審議していきます。

Share on Facebook

 

神奈川県議会議員 きしべ都

アーカイブ
最近のコメント