南区から県会へ!やさしさとぬくもりのある政治を目指します!
神奈川県議会議員 きしべ都

活動ブログ

‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

2022年6月18日

6月補正予算(案)は総額約254億円

 みなさん、こんにちは。きしべ都です。

6月14日の本会議に「令和4年度6月補正予算案等」が上程されました。

今回の6月補正予算案では、

国の「コロナ禍における『原油価格・物価高騰等総合緊急対策』」に対応し、

県民生活や県内経済への影響を緩和するための対策や、

コロナ対策などについて補正予算が組まれました。

補正予算案の規模は、

「一般会計」で251億6,700万円、

「特別会計」で2億3,500万円、

合計で254億200万円です。

そのほとんどにあたる約245億円が「国庫支出金」で、

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金が

129億1,000万円分です。

その他「繰入金」が7億800万円です。

補正予算の内容は以下の通りです。

1.国の「コロナ禍における『原油価格・物価高騰等総合緊急対策』」への対応として

生活困窮者等への支援が153億290万円、

中小企業・小規模事業者等への支援が63億7,999万円、

ウクライナ避難民への支援が756万円となり、

総額で216億9,045万円となっています。

2.新型コロナウイルス感染症対策については29億3,415万円、

その他が5億4,294万円となっています。
 

予算の概要は
(1) 総合緊急対策対応分
 ア 生活困窮者等生活者支援
 ①子ども食堂の継続支援                         材料費などの高騰により、活動が困難となっている子ども食堂を支援するため、食堂運営者への協力金を追加で措置など

②子どもの学習・生活支援体制強化事業費補助               生活困窮世帯の子どもに対する学習支援や居場所づくりのため、オンライン環境の導入等を行う民間団体に対しての補助

③生活困窮者支援団体応援事業費

④困難を抱える女性を支援する団体への支援

⑤ひきこもり等支援団体への支援

⑥高齢者団体等への支援

⑦生活困窮者に対する就職準備金の支給

⑧生活困窮者支援制度の普及啓発等

⑨住居喪失者に対する支援

⑩障がい者への生活支援

⑪無料低額宿泊所改修費等の補助

⑫相談体制の強化

国の臨時交付金活用以外の事業として

①生活福祉資金貸付事業費補助

(イ)物価高騰に伴う県民負担軽減については

①県内消費喚起対策事業費                        キャッシュレス決済時のポイント還元を拡充して実施

②商店街等プレミアム商品券支援事業費補助  追加

③学校給食等物価高騰対応費

(2) 中小企業・小規模事業者等への支援

(ア)農林畜産漁業者への支援

(イ)運輸・交通事業者への支援                     ①貨物運送事業者への燃料価格高騰に対する支援

②地域公共交通事業者への燃料価格高騰に対する支援

(ウ)生活衛生関係営業者への支援 

(エ)中小企業等の資金繰り支援等                   」 ①信用保証事業費補助

(オ)省エネルギーの推進

(3)ウ ウクライナ避難民への支援

(4) 新型コロナウイルス感染症対策

ア 医療提供体制の整備及び感染防止対策

①感染症患者入院医療機関等設備整備費補助等

②抗原検査キットの高齢者施設等への配布

イ かながわ新型コロナウイルス感染症医療・福祉応援基金活用事業

①子ども関連施設感謝・応援事業費

②潜在介護職員等復職支援事業費

③医療機関看護職員確保・育成支援事業費

(3) その他

〇新たな子育て家庭支援の基盤整備

〇県営住宅整備事業費


 


2022年6月18日

第2回定例会 論戦スタート!代表質問その1

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

第2回定例会は補正予算案などの提案をうけ、

代表質問がスタートしました。

代表質問の一巡目には神奈川区選出の中村たけと議員が登壇しました。

以下質問項目です。

1 速やかに取り組むべき重要課題について
 (1)特別自治市構想について
 (2)当事者目線の障がい福祉の実現に向けた条例の制定について 
 (3)コロナ禍の生活困窮に対する総合的な支援について
 (4)今般の物価高騰下における消費喚起事業について
2 新型コロナウイルス感染症に関する諸課題について
 (1)「神奈川モデル」の総括と今後の課題について
 (2)新型コロナワクチン接種におけるワクチンの有効活用について
3 かながわの未来に向けた取組について
 (1)風水害対策について                    
 (2)今後の企業誘致施策について
 (3)県立高校における前首相の政治参加講演会について
 (4)教員免許更新制の廃止を踏まえた教員の確保について
 (5)県警察における優秀な人材確保に向けた取組について


2022年6月16日

ひきこもりでお悩みの方の相談電話と支援サイトが開設されました。

みなさん、こんにちは。きしべ都です。

第2回定例会が始まり、いよいよ明日から代表質問が始まります。

さて、この間、課題としてあげてきた

ひきこもりの方やご家族への支援ですが、

神奈川県で

ひきこもり相談の専用電話・ひきこもり支援ポータル サイトが開設されました。

年齢を問わず、どなたでも利用できます。

県ひきこもり地域支援センターでは、

年齢を問わず、ひきこもりでお悩みの方の相談をお受けして います。

専門の相談員がお話を伺い、一緒に考えます。

相談内容によっては、より適切な支援機 関などをご案内します。

誰かに話をするだけで、気持ちが楽になることもあります。

ひきこもりに関するお悩み、苦しみ、将 来への不安をお聞かせください。

ひきこもり相談の専用電話 045-242-8205

ひきこもりの方やそのご家族の、様々な悩みについての相談窓口です。

(1) 受付時間 午前9時から 12 時、午後1時から4時

(2) 定休日 月曜日・年末年始

(3) その他 費用無料、匿名での相談も可能です。

ひきこもり支援ポータルサイト

ひきこもり地域支援センターをはじめ、

市町村や NPO 等の支援団体による相談 窓口など、

ひきこもりに関する情報を集めたポータルサイトを開設しました。

URL: https://www.pref.kanagawa.jp/docs/t7e/0214s2/hikikomori/shien.html


 

神奈川県議会議員 きしべ都

アーカイブ
最近のコメント